2017-03

Latest Entries

ローカルなものにおもしろきものあり?



   
 自分自身の食生活/健康に関してであれ、年寄りの親の食事づくりに関してであれ、昔から疑念を抱いて来たことのひとつが「カルシウム等の摂取のためには牛乳/乳製品は必須であるのか?」という点である。   
   
 (また、日本食と牛乳とはマッチしにくいと考えていることから、いまの子供たちには或る年齢時点で「牛乳離れ」をして欲しい、そして和食尊重の食生活に走って欲しい、そういうスタイルの中でカルシウム摂取の手段をたとえば魚介類のなかに見出して欲しいという気持ちすら抱いてしまって、新潟県における学校給食での牛乳の扱いに拍手を送りたいと思っているところでもある。)   
   
   
 乳製品についても触れている興味深い健康話題:    
   
   http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50409   
   
   
 なお、上記の記事中に「大量に摂取すると」とあるように、「大量」でない場合は、また、育ち盛りの人、若い人の場合には神経質に考える必要など無いのかも知れない・・・筆者、もちろん専門家ではないので何も分からないが。   
   
 魚介類からのカルシウム摂取だってよろしいではないか。   
   
   
 冒頭の写真は、静岡県産の桜エビと、秋田県産のワカサギ。後者はゴボウやネギ、豆腐とともに加熱調理した(醤油ベースながら味噌も加えての煮物)。ワカサギはフライなどにしても美味なのであるが、調理器具の後始末を考えて敬遠してしまった。   
 新聞のレシピ記事は日経新聞12月10日付の土曜版より・・・少し参考にしたもの。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 下のはDVDおよびCD。CDの方は見えにくく写ってしまったがバターワースの作品を収録した、雑誌付録CD。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/986-47a8ff17

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。