2017-08

Latest Entries

雑記



   
 パソコン内のHDDが異音を発するようになったときは安全のため早めに新しいHDDと入れ替えるし(換装)、また、パソコンを廃棄処分するときにはセキュリティを考えてHDDを外してしまう。そういうHDDが幾つかたまったので自分で破壊処分することに・・・。   
   
 「パソコンをHDD付きで下取りしてもらえば得だよ」との考え方もあろうけど、筆者、そういうことはしない。HDDにデータ上書きしてそれ以前の記録内容が読まれないようにするソフトもありはするが、心のどこかで安全性への不安が拭えず、また、そのようなソフトを稼動させて作業する時間(待機・見守り時間)もムダのように感じてしまうのである。   
   
   
 HDDのケースに使われているネジを1つ外し(特殊な形のドライバーが必要ではある)、そして、軸が長めのマイナス・ドライバーなどでケースの端からめくりあげ、それを折り曲げたり戻したりして切り離す。その後、HDD内の円盤(ガラス製など)を破壊する。   
 円盤を破壊するときには破片が飛び散りやすい。ゆえに、「HDDのケースのネジを全部外してケースをきれいに外してから円盤を破壊する」という仕方はデメリットが大きい。また、残ったケース端を「てこ」にしてドライバーで円盤を破壊するので、ドライバー軸は長めのほうがよい。   
 軍手や、厚手のビニール手袋などをすること。軍手の場合、その繊維に円盤の細かい破片が紛れ込んだりすると後になってケガをしたりもするので、軍手の上にさらにポリ袋などを重ねるとよい。   
 円盤を割る作業は、厚手のビニール袋の中などで(コメの入っているビニール袋などを利用してもよい)。   
   
 ゴミ出しの折りは、市区町村などの分別基準に従うこと。そしてまた、収集作業などにあたる人がケガをしないよう、先ずは新聞紙や広告チラシに包み、それを厚紙で出来た箱などに収めて注意書きもしておくこと。   
   
   
 ちなみに、古くなったUSBメモリなどは庭で燃やして処分するのが筆者流。   
   
   
 いずれも、大して時間がかからない。それも大事なことだと思っている。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/977-23f2cf88

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。