2017-08

Latest Entries

セルの新譜

   
 こういう新譜発売予定がある:   
   
  http://www.hmv.co.jp/product/detail/3550156   
   
   
 ブラームスのほうは、以前 "VIBRATO" レーベルから商品番号 VHL-75 としてリリースされたCD-R商品に収録されたものと同じなのではあるまいか。   
   
   
 セルのブラームス第2番は、筆者の場合は過去に "VIRTUOSO" レーベルから出たライヴを定番として聴いている(現在は廃盤)・・・なお、そのライヴ(コンサート)の翌日にソニーから出ている正規レコーディングは行われている。   
   
 上の新譜の件に話を戻すと・・・。このケルン放送響とのブラームス第2番をいま改めて聴きなおす時間がないが、オケや収録会場のせいもあろう、セルらしい演奏でありながらも、重心の低いサウンドであることも手伝ってクリーヴランド管によるものとは違った趣きを楽しめるものであった。しかし同時に、明晰な音響・仕上がりを好む人にとっては不満を覚えぬでもなかろうというような、そんな感じの音でもあったが。   
 この "Archipel" レーベルは廉価であることが嬉しいが、もしもハイドン第93番をあえてこの新譜で聴きたいという欲求があまり無いのなら、最初に触れた "VIBRATO" レーベルのCD-R商品に目を向けるのもよいかも知れない・・・というのは、小品ながらもセル/ケルン放送響の演奏によるストラヴィンスキーの「花火」がカップリングされているからである。ただし、こちらのCD-R商品は取扱店が限られる・・・レーベル名や商品番号をネットで検索すると取扱店を見つけることが出来よう。  

   
   
 なお、今回 "Archipel" レーベルからは、(いつもながら)興味深い商品がいろいろ登場する・・・。   
   
  http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?adv=1&sort=date&genre=700&keyword=import&label=Archipel   
   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/96-45ddf824

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。