2017-11

Latest Entries

ルックスはアドヴァンテージたりうるか



   
 映像つきで「トリスタン」を鑑賞するには、つまり、DVDとしてはどれがよろしいのか・・・というのがずっと心に引っかかっていた問題なのである。   
   
 べつに「トリスタン」に限ったことではないのだが、歌手の体型・適切な若々しさ等、また、衣装、舞台装置のあれこれ・・・それらのことはやはり大事かと思う。「花嫁役なのに老けているし、世間ズレした風情で、そして、たいした恰幅だよなあ」と思わされる歌手が登場したり(歌唱の能力・技術を本位に考えるべきことと承知してはいるのだが)、「中世あるいはそれよりちょっと後の時代の物語であるのに、歌手にこんなスーツやドレスを着させて上演するんかい」と思ってしまったり、未来工場かと思わされる舞台設営だったり・・・というのは、映像を伴っての鑑賞上、筆者にとっては大きなマイナスになってしまうのである。   
   
 上のは、マイヤー(イゾルデ役)その他/バレンボイム/スカラ座による上演のDVD。最近のこと、価格改定なのか何なのかお手頃価格になっていたので、「バレンボイム好き」でもないのに購入してしまった。この週末に鑑賞しよう。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/932-653b244f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。