2017-04

Latest Entries

雑記

   
 ずいぶん前のこと、米軍基地・自衛隊基地などに関連した裁判所の判決について、筆者よく分からないのだけれども軽い感じで「違憲ではないということは合憲ということなんだね」と言ったら、そういう基地問題に厳しい目を向ける知人からは「そうではない、違憲でないからと言って直ちに合憲だなどと、お気楽な感覚でいてもらっては困る、それは問題意識の欠如である」と叱られたのであった。法律的なそのへんのこと、筆者はよく分かっていない。   
   
 「脱法ドラッグ」なる言葉がよく使われていた頃、「脱法状態であるなら、それは合法ということではないのか。とすれば“合法ドラッグ”と呼んでもよいのではないか」と言ったら、「そういう呼び方がまかり通ったら、やっぱりマズイんじゃないでしょうか」と、若い人から言われた。そうだよなあ、ニュース番組その他の報道でしきりに「合法ドラッグ」という語が連発されたら国民の認識と感覚は・・・とても困ったものへと変容してしまったことであろう。   
   
   
 「格安スマホ」なる言葉が定着しているけれども、筆者、しばしば思うことがある・・・「格安スマホで十分ではないか」と感じている側からすると、いま「格安スマホ」と呼ばれているものこそが標準というかリーズナブルな存在であって、そうでないスマホについてはむしろ「割高スマホ」、「高額スマホ」と呼ぶべきではないのかと。   
 とは言え、「格安スマホ」、「激安SIM」、「ライトユーザー向けプラン」等々の言葉で言い表されるものを標準としてしまって、そうではないものをたとえば「割高」、「高額」、「激高」、「ヘヴィユーザー向け贅沢パッケージ・プラン」みたく表現してしまうと、少なからぬ消費者は「自分の場合、これほどの金額支払をしてまでこれを必要としているのだろうか」と考え、そしてスマホ、データ通信、通話などに関わるマーケットは萎んでしまいかねない。   
   
 筆者の場合、スマホについては、依然としてさほどには活用していないのであるが、せっかくのデュアルSIMタイプ(2枚のSIMを挿して使い分け等が出来る)なので・・・下の写真中、上段左および下段にあるのがSIM(マイクロ・標準)。上段右はSDHCカード。   
   
   
 考えてみると、スマホ用のほか、ガラケー内に、そしてモバイルルータ用にと、計4枚のSIMを利用していることになるのであるが、それら全ての利用料を合計しても、従来から大手キャリアでスマホの契約をしている人たちが支払っている利用料よりも少なかろう。通信・通話に、またそれに関わるハードウェア/機器に関して、そんなに多くの支出を振り向けるわけにはいかない・・・それが筆者の金銭感覚なのであるが、しかし、世には「わたしが選んだこのスマホ以外はダサい。そんなスマホを持ち歩くのは恥ずかしい」等の感覚もあるようで、人それぞれなのであるなあ・・・中学生・高校生あたりにもそういう感覚はあるようで、そうして子供たちのスマホ関連支出も伸びていく・・・子育て支援策のいくばくかは、回りまわってそっち方面の支出にも充てられていたりするのかと思うと、何だかなと思える、子供のスマホ利用料を嘆く大人を、筆者は妙なものと感じているから・・・そして、某コーヒー・チェーンのショップ内には放課後の高校生などがスマホを手近に置きつつ宿題をしていたりもするけれども、おそらく友人からであろう、スマホに何か連絡が入ると宿題をする手を止めてしまう・・・高校生がファストフード店やコーヒー店で過ごすのもどうかと思うが、スマホを持っているがゆえに「集中して、能率的に勉強する」ことが阻害されてもいるのではないか・・・なお、学習用アプリというものもあるそうだが、それはおそらく有益なのだろう、詳細を知らぬが。   
   
 さて、しかし、なにも「歩きスマホ」、「自転車スマホ」まですることはないじゃないかと思う。「歩きスマホ」をしている者(立派に成人した大人)どうしが出会いがしらに衝突するというシーンを、もう5回も6回も目にしている。「自分では安全に気を配らない、きっと他人が避けてくれる」という感じで生きているのであろうか。人間の、一種の退化ではあるまいか。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/926-a2addc76

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。