2017-07

Latest Entries

雑記



   
 ホームパーティーめいたことをし・・・よくありがちなオードブル類(生ハムだの、チーズを用いたものだの、揚げ物だの)も食べてもらったのであるが、その後に自分を含めた一部の「呑み助」は言うなれば「日本酒で酒盛り状態」に突入したのであった。   
 こうなると、つまみには漬物や、「鮭とば」なども追加することになる。イカの鳶口(とんびくち)なども出したかったのであるが残念ながら在庫を切らしており・・・最近、乾物屋さんに足を運んでいないのであった。   
   
 日本産の、ちっとも珍しくはない或る農産物を台湾出身の知人にも食べてもらったが、これは大いに気に入られた。TPP発効してもこれは強力な産品となるであろうことを確信した。それは一体何か? 今は言えない・・・なぜなら、台湾の人には食べてもらいたいが中国本土の人たちによって爆買い・爆食がされればこちら日本人が食べられなくなって(あるいは価格高騰して)迷惑するからである。   
  「はざかけ米」と称されて天日干しされたコメも、その風味のよさを分かってもらえたと思う。こういうものも日本のコメの輸出に際して考えられてよいと思うのであるが、さて、手間・コスト面でむずかしい面があるか。それとももう現実に輸出用にもなっているか。(なお、冒頭の画像は過去のものの使いまわし。)   
   
   
 ところで、生ハムやチーズの塩分含有量が如何ほどかは知らぬが、漬物や、或いは「鮭とば」にもそれなりの含有量があろうなあ。   
   
 塩分摂取量は控えめにしたくはある。しかし、人みな等しく塩分摂取による悪影響を受けるのであろうか?   
 筆者の場合、1日2杯の味噌汁を口にすることは珍しくないのであるが、そのうち1杯は具だくさんの状態のものである(ワカメや野菜を含むことが多い)。日中の水分摂取量も多い。料理は薄味のものを食べることが多い。生野菜を食べるとき、トマト、レタス、ブロッコリーなどには塩すらも振らないことが普通である。   
 血圧は上が120台で、どうも最近の考え方ではこれを110台に持っていく努力をするのが好ましいらしいのであるけれども、健診時に医師からは「あなた、血圧はこれでよろしいです。血管そのもののコンディションが良好で若々しいですよ」と言われてしまうと、さて今後、何か努めるべきことがあるのかどうかと思ってしまうのである。子供の頃、成長期に立ちくらみなどを覚えたことを振り返っても、あまり低血圧にはなりたくないしなあ。また、長生きしたいという気持ちもそれほど無いし・・・。   
   
 下の写真は「鮭とば」と、新聞に載った或る本の広告。   
   



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/919-7de7972f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。