2017-07

Latest Entries

「書き初め(かきぞめ)」よりも、「買い初め」



   
 1月4日、年明け最初の東京株式市場は相場を大きく下げた。   
   
 午前中にそれを知った筆者は(昨年の終盤は資金をかなり引き上げていて言うなれば「お休み状態」であったこともあり)「をしっ、昼休み、後場がスタートするや買いつけるぞ」と意気込んだ。   
 「買うとすれば、アレとかコレとかの銘柄だな」と思い浮かぶものがあったのだが、それら銘柄を順に2つ、3つと株価チェックすると、「あれれ、ろくに値を下げてないじゃないか。昨年末比で8円安、14円安とかじゃないか、つまらん」とガッカリ・・・が、そのあとチェックした銘柄はしっかりと、ありがたいほどに値下がりしていた。そして、今後しばらくの間にまだ値下がりする可能性も無くはないので、買いたいと思った株数の半分くらいに抑えて買い注文を出すという「控えめな行動」をとった(こういうところで大勝負に出られないところが筆者のセコイところであろうか・笑)   
   
 次いで、よくあるように、その時点の値下がり率ランキング一覧みたいなデータをチェックすると「おっ、この銘柄が!」というものがあったのでそれについても買い注文。   
   
 ただ、買う株数をどのくらいにしようか迷って時間にロスを生じたこともあって、意外と早く勝負時間は終わってしまった(つまり、こちらの休憩時間が終りを迎えた)・・・少しの銘柄にしか買いを入れることが出来なかった・・・しかし、もちろん、それが結果的に良いことになるのか惜しいことになるのかは分からないのであるが。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/906-330edddf

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。