2017-07

Latest Entries

雑記

   
 「気合だー。気合だー。気合を入れろぉー」
   
 ・・・ オ リ ン ピ ッ ク 出場も果たしている 女 子 レ ス リ ン グ選手の、そのお父さんがしきりに口にしていた言葉。   
   
 このお父さんのこの様子については、筆者の周囲ではいまいちウケがよろしくなかったのだが、しかし・・・。   
   
 ここぞという大事な場面で「気合」を入れることの大切さは誰もが承知しているものの、しかし、「をしっ、気合を入れるぞ」と思っても、その人が本来持てるはずの「気合」「気迫」「集中力」の頂点にはなかなか達しない・・・ように思う。   
   
 野球の 松 井 選手や イ チ ロ ー 選手ほかトップクラスの選手は、生まれついての才能あるいは練習・努力などが人並みはずれているところがあるかも知れないが、しかし、大事なときに集中力を高めて「気合」をこめる能力にも長けたものがあるのではなかろうか。   
 それにひきかえ、たとえば筆者のような凡人ともなれば、「気合を入れて取り掛かるぞ」と、そのように一度だけ自分に言い聞かせても集中力は「グ、グ、グーン」というほどには上がりきらない感がある。ところが、上のお父さんではないが、「気合だー。気合だー。気合をー」と、しつこくしつこく頭の中で唸ってみると・・・相当程度まで意気が上がる。だから、あのお父さんのやり方(娘さんへの呼びかけ)は正しいと思うのだけど。(これは、その娘さんたるレスリング選手もまた凡人に過ぎないのだとか、そういうことを言いたいわけではない。)   
   
 何だかまた仕事の話みたくなってしまったけれども、上のことは音楽鑑賞上でも役立つことがある。   
 たとえばの一例。「今宵はどのCDを聴こうかな」と考えつつCD棚に目をやる・・・目にとまったのがベートーヴェンの第九だとかマーラーの第3番だったりすると「うーん、もっと短い作品や軽い作品にしたいなあ、でも、ここ最近聴いていなかったから聴こうかどうしようか」などと迷う・・・このとき「気合で聴くことにしようか。気合だー。気合だー。気合を入れろぉー」と念じるなりしてみると、いさぎよく聴く決意が固まってしまうものだ(笑。そうまでして聴くのが良いかどうかについては一考の余地はあろうけど)。    
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/90-c85e3308

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。