2017-08

Latest Entries

雑記



   
 上のはビールと、そしてまた「ビール」ではないビール系飲料。   
 「ビール」と呼べるのは左から1、3、4番目のものである。   
   
 では、それら1、3、4番目のものこそが旨くて、他の2つはそれらに劣るし旨くないのかというと、なかなかそうは言えない時代になって来ていると思う。   
   
 左側の3本はいずれもサントリーの品である。3番目のは誰もが知るプレモルであるが、旧プレモルも現プレモルも、微妙なところで筆者の「気に入り」にはならない・・・ホップの種類・用い方・主張のあんばいによるせいか、麦芽っぽさの表出の加減によるせいか、理由はよく分からない。むしろ、かつての、ちょいクリーム色っぽさを帯びた缶の「モルツ」のほうが、質実と、そして、構えずに付き合える気安さも感じられて好きであった。   
 つい先日、一番左のような新しい「モルツ」が登場した。これもまあ、わりと良いかな。で、サントリー製品のうち3種を好みの順で左から並べると写真のようになる・・・2番目のは「ビール」には該当しない品なのであるが、風味バランスからするとプレモルよりも好きになれるのである・・・食べもの・飲みものの世界、嗜好の世界は不思議なのだ。   
   
 いちばん右の品もまた「ビール」に該当しないものではある・・・ゴクリと喉を落ちたあとに口中には特徴的な甘みが残って、最初はそれが好きになれずにいたのであるが、慣れると何でもないというか、それを期待するようにもなってしまう。きっちり冷やして飲む限り、けっこう旨いと感じる。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 「統計」は大切なことなので・・・完了(↓)   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/883-12516692

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。