2017-08

Latest Entries

「枕草子」異稿本(?)の現代語訳抄

   
 春の季節ということなら、あたし、「あけぼの」って言うかぁ、いま夜明けを迎えましたみたいな、そんな瞬間が好きなの。   
   
 ・・・(中略)・・・   
   
 夏はね・・・やっぱ夜がいいわ、ほっとする。だって、昼間はもう暑くて暑くて・・・十二単(じゅうにひとえ)とか、マジに着こなしてる人いるじゃないですか、あたし信じらんない。クールビズとか考えろよって。   
 夜、自分ひとりになって、人目を気にしなくていいから薄着になってリラックスして・・・エアコンいれて・・・冷蔵庫から冷え冷えのプレミアム・モルツとか一番絞りとか出してきて、クイーッとやるわけですよ・・・カルパッチョつまんで・・・もう最高。テレビつけて、お気に入りのお笑い芸人のやってること見て、おかしくて笑い転げて・・・これがホントの「いと、をかし」ってやつ?   
   
   
 ・・・大昔、夏の暑さは21世紀の今ほどではなかったものと想像するのであるが、冷蔵庫も、冷えたビールも、エアコンも、アイスノンも無かったわけである。風呂を使える頻度もどのくらいであったろうか。   
 よく知らぬが、ごくごく一部の高位の人たちに限れば夏場であってもどこぞの山奥・山頂などから氷の塊など切り出してきたもので暑さをしのぐことなどあったかも知れぬが。   
   
 昔の人たちよりも今の我々のほうが幸せで快適で楽しみも多い・・・と、一応は理解しておくこととしよう。・・・が、しかし、毎日暑い、暑すぎる。   
   
   
 下の写真のビールは・・・左のボトルのはキリンの「ジ・アロマ」、青い缶のはサントリーのクラフトセレクトのシリーズの「ペールエール」。   
 真ん中の「ぬいぐるみ」/「マスコット」は愛知県岡崎市に関わりある「オカザえもん」。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/865-ced483d0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。