2017-11

Latest Entries

雑感



   
  3,300円あまりの買い物をすることがあった。   
 レジ係の女性から「 3,000円以上のお買い物でしたので抽選コーナーにぜひお立ち寄りください」と言われた。抽選・福引のコーナーに並んであれこれするのは好まない(他人から見られるのがイヤだったりする)。ただ、クジ運は悪くないほうなのだ、自分は。   
   
 この日、抽選コーナーには列も出来ておらず、周囲にもあまり人はいなかったので抽選に参加。   
 2等とのことで商品券 3,000円ぶんを頂戴した。   
   
 しかし・・・抽選コーナーの女性が「あっ、おめでとうございます」の言葉のあと鐘(ハンドベル)を鳴らすのには参った・・・久しく福引などしなかったが、そうだ、伝統的にはそういうものだな。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 或る電子マネーを利用するようになると、その人が利用する店もおのずと決まってくる/寄る店が狭まっていくと主張する人がいる。そうだろうか? 筆者自身にそれは当てはまらないと思う。   
   
 電子マネー・・・ Suica は別として、 nanaco を利用し始めるようになったのは、その時点で「セブン・イレブンとイトーヨーカドーで買い物することがよくある」のが理由であった。   
 「 WAON は持たないのか?」と知人から尋ねられたことがあった。イオンの店に寄るということもありはしたのだが、頻度はさほどでもなく、また、レジにて WAON の決済がされるときのサウンドを耳にすることがあったがそれを好きになれず、ゆえに WAON の利用は見送っていた・・・だから知人には「 WAON でなく、ニャオンだったら利用するであろう」と答えた。   
   
 けっこう前からイオンには寄らなくなった。ちょっとした買い物が必要になったとき、「どこへ出向いて買うか」と考えるときに条件反射のように「行ってみヨーカドー」という、あのダジャレが思い浮かび、そしてイトーヨカドーを選んでしまうのだ。   
 イオンも、これに対抗できるようなダジャレを生み出してコマーシャル展開することが可能か? 筆者ちょっと考えてみるに、よいダジャレが思いつかない。「ジャスコ」であったなら、たとえば次のような掛け合いのダジャレも可能であったろうか:   
   
 「どこ行く?」 - 「あすこ(あそこ)のジャスコ!」   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 以前のこと、知人の運転で自宅まで送ってもらうことがあった。   
 自宅近くまで来たときに彼が「コンビニで買いたいものがあるんだ、あそこにちょっと寄りたい」と言ったのだが、筆者は「もう少し先にもコンビニがあるから、そこのほうがいい」と応じた。彼は「品揃えとかあまり関係ないんだ」とのことで、こちらは「そうか」と答えた・・・内心の気持ちとしては「うむ、この店の様子を久しぶりに観察してやるか」というものだったが。   
   
 そのコンビニは、昔々はコンビニではなく、野菜、食品、ほか諸々の商品を扱う店であった(酒も扱っていたか、記憶にはない)。   
 筆者が子供の頃、ハガキを買いに行くことがあった。店主(オヤジ)はジャガイモを袋詰めしていた手を休め、しかし、その手を洗うとかきれいにするとかいうこともなくハガキを数えて売って寄越した。ハガキにはジャガイモの泥で指紋などの汚れが付き、これは消しゴムでこすってもどうやってもキレイにならなかったのである。で、筆者は「今後あの店では買い物しないぞ」と心に決めたのである。   
   
 歳月は流れ、この店はコンビニになった。   
 そこで筆者も、或る晩のこと「冷えた缶ビールを買って、うちで飲みたいな」と強く思うことがあって、つい妥協してこのコンビニに寄ることがあった。   
 老いたあのオヤジが、何と、缶ビールの並んだ冷蔵庫(ショーケース)の前の床に座り込んでいるではないか・・・自分の前にダンボールを置き、タマネギの整理をしていた。こちらはビールを買いたいから冷蔵庫のドアを開けようとするが、オヤジが邪魔になってちょっと開けにくい・・・苦労してビールを取り出そうとしてもオヤジは移動もしない。どうにか目当てのビールを手に取ることは出来たがこちらはクソ面白くなく、「コンビニに変わっても、やっぱりこのオヤジはどうかしたままなのだな」と思った。   
   
 それから何年かして、コンビニの店主は息子の代となったようである・・・店に寄らずとも、店の前にちょくちょく顔を出す男性がオヤジ似の顔をしていたのでそのように思えた。   
 またしばらくぶりにこのコンビニに寄ってみると客はおらず、レジ・カウンター内でアルバイト店員2名が大きな声で私語まっさかり状態であった・・・「どういう店員教育をしているのだ?」と思った。   
   
   
 さて、最初に書いたように、知人と一緒にまたこのコンビニを訪れたのであったが、筆者自身は買い物するものもなく店内をちょっとブラついた。   
 客のひとりが、牛乳を買おうとして、棚の奥の新しいもの(賞味期限到来時期が遅いもの)を手にしようと頑張っていた・・・すると、そこを通りかかった店員が「きれいに並んでいるんですから手前から順番に取ってください」と、不機嫌そうな声を掛けた。客もムッとしたのだろう、手を引っ込めると牛乳を買うことをやめ、すでに買い物カゴに入っているものだけを持ってレジへ向かった。   
 筆者の感覚からすると、出来るだけ新しいものを買いたいと考えるこの客の行動は正しい。筆者も普段おなじようにしている・・・もちろん、品物の陳列が乱れないように努めているし、何かあればちゃんと整頓する。   
 が、こういう意見の人もいる:「古いものから買っていくのが本来あるべきことで正しい。さもないと、古いものが売れ残ることが多くなり、これは食品の廃棄ロスにつながる」と。しかし、「店に先にやって来た自分が古い品を買い、遅れてそのあとにやって来た客がそれよりも新しい品を手に入れる、もちろん同じ値段で」ということに筆者は不合理・不公平なものを感じる。「客が、古いものを避けて新しいものを買うのであっても、そのぶんだけちゃんとそこで売上が発生し、在庫も減る/回転するからよろしいではないか。買い物しなければ、古い品も新しい品もどちらも売れずにいるということだぜ。どうしても古いものから売りたければ、陳列棚がカラになるまではバックヤードから新しいものを補充せずにいればよいではないか」と思うのだ。そしてまた思う、「古いものは、古い・新しいにこだわらない他の客が買っていけばよろしい、俺は少しでも新しいほうを買いたい」と。   
   
 ま、ともかく・・・その後、このコンビニには行っていない。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 問題点がある、というほどのことではないけれども、「寄るのをちょっと思いとどまって別のコンビニへ行ってしまう」という、そういうコンビニもある。   
 ファミリーマートで買い物すると、レジにて「Tポイント・カードをお持ちですか?」と尋ねられるが、そのたび「使ってないんで」と答えなくてはならないから鬱陶しく、それで、出来るだけファミリーマートには寄らずにいる。   
 Tポイント・カードは、実は持っているし、使うこともありはする・・・しかし、あれもこれものカード類をいつも持ち歩くのは面倒で邪魔だから、このカードは、他のポイント・カードやらお得意様登録カードなどなどと一緒に普段は引出しの中に入れたままなのだ。   
   
 客にいちいち上のように尋ねるのでなく、レジ脇あたりに「Tポイント・カードをお持ちのお客様はご提示くださいませ」みたいなポスター/表示をすることにしてくれたら・・・と筆者は思う。そうしてくれたなら、筆者がこのコンビニで買い物する頻度はグッと増えるであろう。(なお、他の多くの消費者がどう感じているかは知らない。)   
   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/839-c5148433

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。