2017-10

Latest Entries

外食産業の仕込みの重要ポイント?・・・(料理の「仕込み」の話ではない)



   
 昨秋の或るとき、株式投資について雑談することがあり、「外食産業ではどの銘柄の株式を購入するのがよさそうか」と尋ねられることがあった。また、牛丼店、ファストフード店、ファミリーレストラン、居酒屋チェーンなどの幾つかの銘柄について「幾らくらいの相場になったときが買い時か? 経営の安全性と将来の巻き返しの可能性は?」などとも尋ねられた。   
   
 多くの人と同様に筆者もまた食品メーカーなどは以前からわりとよく研究してきているものの、しかし、(上場企業クラスの)外食産業については、あまり立ち寄らない・利用しないので興味が湧かず、そして実際の店舗の雰囲気や繁盛具合、メニュー、料理の味などを実地チェック・体感する機会が乏しい(個人経営の飲食店・食堂・居酒屋などを利用することが多い)。   
 で、上のように質問されたとき、「うーん、ハイデイ日高だけは良いと思っているけれども、しかし、それ以外の銘柄に注意を払うことがなかった。俺は外食産業のいろいろにさほど興味が無く、チェーン店のようなところにはあまり寄らないからその実際の状況を確かめる機会に乏しいのだよ。実際に自分で確かめることが容易なものについては一度は確かめたうえで判断したいよね、自分としては今は何も答えられない」と答えた。   
 そこでふと思ったのだ・・・「外食産業にももっと目配りしてみようか、これまで寄ろうとしなかった店に足を運んでみるか」と・・・そして或る日のこと、外で昼食をとることになったとき寄ったのが下の写真のレシートのお店である・・・レシートは株式投資関係の資料を整理していてポロッと落ちてきたもの。超有名な店ではあるが、筆者、これまでここで食事する機会は無かったのである。   
 筆者の不得意カテゴリーのメニューが多かったのであるが、要は「世間一般の人の味覚に支持されるであろう味・出来であるか? 値段は? 店の雰囲気は? 店舗オペレーションは良好そうに見えるか否か?」などをとりあえずその店舗で確かめたかったのである(企業の決算・財務データなどは、言うなれば机上研究が可能であるし)・・・「この企業はたぶんよろしかろうな」との感想を持つに至る日であった・・・企業研究コスト500円也(笑)。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/801-576b0988

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。