2017-11

Latest Entries

冬の夜に、くまモンと一緒にお風呂で温まるための17の方法



   
 年の暮れに・・・「第九」を楽しむのもよろしかろうが、今年はたとえばキース・ジャレットの、「知らぬ人はいない」と評しても過言にはなるまい、例のあのアルバムをまた聴き直したいと思っている(ジャンル的には「ジャズ」として扱われているが、はて、それは適当かどうか、特定の音楽ジャンル枠に収まりきらないのではないか)。   
 LP盤もCDも持っているのであるが、再発CDを見つけてしまい、また買い求めてしまった。   
   
 そしてまた、映画「アマデウス」をもういちど観たいと思った。   
 「モーツァルトは天才でしたが、しかし、実際の人物像とその振る舞いはこんな感じだったのですよ、軽薄ですらありました」的なことを、かつて文章で知ったときにはそれでもわりと軽く「ふーん、そうなのかあ」と思ったものであるが、この映画/映像で突きつけられると結構キツイのである。で、手許にDVDで持っていたいとは、それほどまでには思わずにいたのであるが、このたび某店で購入・・・このDVD、あちこちの店で以前から「こちらのコーナーのDVDは3商品あわせて3000円」というコーナーに並んでいたりしたが、組み合わせたい他の2商品として興味をおぼえるものがなかなか見つからず、ついつい買いそびれてしまっていた・・・今回のように1枚購入でも税込み1000円というのは都合よいのであった。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・   
   
   
 球形に固まった入浴剤の中に小さな「くまモン」のフィギュアが収まっているという、そんな品が100円ショップのダイソーその他で売られている。その入浴剤を貰ったので使ってみたところ・・・下の写真の左はボールペンンの先端であるが、入浴剤が溶けるとこれほどに小さな「くまモン」が現れる。これ、台の上などでちゃんと立たせることも出来る(少しばかり安定は悪いけれども)。アクセサリー用ネジなど用意すれば携帯ストラップにも加えられるであろう・・・筆者はそこまでするつもりはないが。   
   
 「くまモン」と一緒にお風呂に入れる楽しさ(笑)・・・「ガキじゃあるまいし!」という批判はナシでお願いしたい。   
   
 着ぐるみを着用した「くまモン」(中身は人間)と一緒にお風呂に入りたいとは思わないけれども(笑)、今回のこういうグッズはよろしい。   
   
 今回タイトルでは「17の方法」としたが、残りの16方法についてはいずれ思案させていただくということで・・・。

   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/796-9bf55a75

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。