2017-06

Latest Entries

世には色んな料理があるものだ・・・パルカッチョとかタラトゥイユとか


   
 (↑)「料理のカタカナ名称が間違ってるぞ、それじゃ“バルブ経済がはじけた”などと言っていたオヤジ連中と同じだ」という指摘はナシということでお願いしたい、冗談タイトルなので。   
   
   
 日本人の食事内容が欧米化しているとはしばしば指摘されて来たことであるが、よく思うのは「日本人はどうしてこうも油脂を摂るようになってしまったのだろう」ということ。   
 牛乳は乳脂肪分の多いものを良しとし、食パン(トーストする前)の断面にバターの黄色い渦巻きがくっきり見えるとそれを喜び・・・。ほかにも、たとえば居酒屋によってはカツオの刺身または「たたき」にドレッシング等をかけて出して来るし、鶏の唐揚げやフライドポテトにマヨネーズを添えて出して来るとか・・・そういうことが今や珍しくなくなっていると思う。   
 カツオも、初ガツオであれば現代人にとっては「脂の乗りがろくに無くて物足りない」と感じる人が多そうなこと、何となく理解できるのであるが、それでもそういう食味・舌触りがむしろ魅力であろう。唐揚げやフライドポテトにマヨネーズまで必要なのかと、とても疑問を感じるのだ。やがては「ベーコンの唐揚げ、マヨネーズ添え」とか「鮭ハラスの竜田揚げ、マヨネーズ添え」みたいな料理も登場するのか・・・。   
   
   
   
 下の画像は、料理のレシピを紹介している2つのパンフレットを写したものである。   
   
 上段のものにはサンマのアヒージョのレシピが載っていた。オリーブ油の人気(風味・健康効果の両面で)は理解しているものの、しかし淡白めの食材であればともかく、サンマには脂があれだけ乗っているのにアヒージョに調理してしまうということに、個人的にはとても抵抗を覚えたのであった・・・繰り返しになるが、あくまで「個人の感想」である。   
   
 下段のものは、これは「抵抗を覚えた云々」のものではない。料理名に「さんまの筍(たけのこ)煮」とあるから、「おっ、珍しいなあ。筍は季節違いだから、既に茹でてビニールパックされたものを使うのだろうな」と思いつつレシピを見ると、材料リストに「たけのこ」が見当たらないのであった・・・。   
 調理手順の説明を読んでみて合点がいった。この料理、サンマを筒状に4等分に切ってそれを煮るのだという・・・ああ、それならば珍しくない、そしてタイトルの「筍煮」は誤りで「筒煮」が正しいのだろう。で、この料理を紹介しているコーナー全体をよく見てみると「筍煮」との表記が3個所、「筒煮」という表記が1個所。確かにこれら2つの漢字は似ていると言えなくもない。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/767-17077c9c

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。