2017-04

Latest Entries

新春を迎え、本年が皆様にとって良い年となりますことをお祈り申し上げます

   
 特に何かあったわけでもなく、あれこれ忙しくしているうちにブログ更新が滞ってしまった。   
   
   
   
   
   
 「音楽を聴く時間をきっちり確保しよう」的な気持ちが、この年末年始に膨らんだ。   
   
   
 新年の「聴きぞめ」はバッハ作品であったのだが、下のは本日を含めての鑑賞内容から。   
   
 いずれもモーツァルトのオペラ「後宮からの逃走/誘拐」。上段は、シュヴェツィンゲン音楽祭(1991年)におけるジェルメッティ指揮によるもののDVD。下段左はザルツブルク音楽祭でのセル指揮によるもののCD。その右はベーム指揮(バイエルン)のDVD。   
   
 写し入れられなかったが、手持ちのものとしては他に、セルのものでゴールデン・メロドラムのレーベルから出たCD、また、スイトナーのCDもあって、さほどオペラが好きでない自分としては意外なほど手にしてしまっているな・・・このオペラについては「ストーリーが単純で、かつ、ひとえにセリムの寛容さを以って事態が円満解決してしまうという、つまらない作品だよ」との意見もありえようが、だからこそ芝居・ストーリーよりも音楽に注意を向けられる。舞台上、滑稽なやりとり・シーンがあるのもよろしい。とはいえ、そのセリムに関して、宗教的意味合いなどとともに考えたりもしてしまうのであるが、それもやはり良し。   
   
 ベームのDVDは晩年の映像。そう思うと、「おおっ」と感じてしまうものがある。また、レリ・グリストも魅力的である。このDVDはグラモフォン・レーベルのものだが、デアゴスティーニが刊行していた「DVDオペラ・コレクション」のシリーズにも収録されたかに記憶する。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/695-81729608

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。