2017-10

Latest Entries

雑記

   
 「料理がお好きなら料理教室に通うのはどうですか? 自分が通っているところでは男性も受講していますよ。あ、ちょっと指を見せて下さい・・・大丈夫ですね、爪を伸ばしていたりする人にはウルサイ先生なので」と言われたが、筆者、料理好きとは言えまいし、やはり「つくる人」より「食べる人」の側でいたい。   
   
 伸びている爪にウルサイことはよろしい、きっと良い先生であろう。ネイルアートをしっかり楽しんでいる女性に対してはどういう態度をとっているのだろうか。   
 毎回のレッスンで配られるテキスト的な印刷物も見せてもらったが、うーん・・・。   
 或る料理を教わって、その後にたとえ自分ではそれを作る気にならないとしても、何かの知識・コツ・発想が他の料理を作る際に間接的にでも役立つということは大いにありえよう。   
   
 だけれども・・・オムライスやスコッチエッグのレッスンを受けると、筆者の「ぶりネギ鍋/ぶりネギ煮」の腕前は上がるのか? ラタトゥイユを教わると(フツーの和食の)煮豆も上手になるのか?    
   
   
 またちょっとしたら(季節が進んだら)この手で煮豆をこしらえよう・・・(写真の左のは今年の新豆)。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/654-2f128c08

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。