2017-08

Latest Entries

雑記



   
 次々と登場するビール系飲料の新商品を飲む/試すという遊びは、ブログ上で感想を述べることは怠っているが、ちゃんと続けている。   
 ただ最近は、「(誰もが知っているような)フツーにありふれたビールでいいや、いつもちゃんと安定的に美味いんだし」という気持ちが強くなり、また、居酒屋などで生ビールなどオーダーして飲めば「ああ、美味い、これが一番の気持ちリフレッシュ!」と思う。   
   
 上の写真の缶入り2種は最近の商品。   
 左のはキリンの、ビールでないビール系飲料。右のはビールで、こちらはセブン&アイ向けにサントリーが作っている商品。それぞれに美味であったが、味わいの傾向はまったく異なり、風味の豊かさでは当然ながら右の商品に軍配があがる・・・褒めてよい品と思う。「絶賛」するほどであるかどうかは分からないが、フツー程度を越える美味さが確実にあると感じた。   
   
 話が前後するというか左右するが(笑)、左の銀色缶のものは、このデザインに合うような、喉越し・味わいのシャープさがあると同時に、コクめいたものに乏しさを感じる・・・商品カテゴリを考慮すれば仕方ないか・・・ウィスキーを飲みながらの食事が済んでしまったあとに飲んでの感想なのだけれども、ちょっとばかり素っ気ない・味気ないような・・・しかし、爽快な飲み口ではあると思え、和食指向の人がそういう食事とともに楽しむというのでなければ、つまり、現在の多数派が摂る食事との相性を考えた場合には、また、いま時分以降の夏の食卓シーンを考えた場合には、結構よろしい飲みものであるような気はした。   
   
   
 背景に写しいれたのはJR東日本が駅などで配布している山形県観光パンフレット。38ページの冊子で、自然・建造物・観光名所・食べものなどがあれこれ紹介されていて楽しい内容だ。筆者個人的には、山形ガールズ農場の里芋畑(であろうか)がいいなと思えた(笑)・・・いや、霞城公園や上山城の、フォルム・たたずまいなどをこの目で見たい等、思った(とかく写真は実際以上のスケール感・雄大さを持つものであるが、建築物の「形状」その他に魅力ありと予感したのだ)。   
   
 下のは、そのパンフレットの5ページから。   
 「あがってけらっしゃい」とはどういう意味なのか?   
   
 「あがって」は普通に「召し上がって」という意味であろう、この部分は方言とは思えない。   
 「け」は「いけ/行け」・・・つまり「あがってけ」は「召し上がって行け」という意味かなと一瞬思えたのであるが、そうでなく、「くれ」が縮まって「け」に化したのではないかと想像する・・・「あがってけ」は「召し上がってくれ」の意味ではないか。   
 そうして、丁寧表現のためさらに「らっしゃい」が付加されたのが下の言葉であろうか。   
 だとすると、「け」なる音の言葉があること、また、「らっしゃい」を風変わりな感じでつなげること、それらが方言ということになるか。   
   
 パンフレット表紙には「きてけろくん」なるキャラクターが描かれている。   
 これは「きてけろ君」なのだろう。そして、「きてけろ」は「来てけろ」なのだろう・・・「来てくれろ」、「来てくれよ」という意味かと想像する。   
   


コメント

コメントをありがとうございました

 文章の最初から最後まで方言・地域語ばかりの場合はべつとして、ちょろっと交じる程度の場合には、アクセント、イントネーション、一音一音の微妙な長短を認識できる会話(音声付きコミュニケーション、表情・身振り付きコミュニケーション)のほうがはるかに理解しやすいですね。   
   
 「われげんと」も、字面を目にしただけではドイツ語の単語っぽい音を頭の中に響かせてしまい、わたくしには意味が容易に推測できません。耳にする場合のほうが理解しやすそうです。   
 これがまた「わりぃけんど」だと、自分も時におどけて発することある言い回しでもありスッと分かるのですが、しかし、そのように文字表記したものを、日本各地の人それぞれがサッと意味を想像できるかどうかという疑問がわきます。   
   
 しかし、いずれにせよ、それぞれの方言・言葉は、成り立ち(音の変化、意味成立の背景)について興味をそそられ、かつ、味わいあるケースも多いですね。標準語を使用する各種メディアの浸透にもかかわらず、3世代同居や地域コミュニケーションなどを通じて、土地の言葉はいつまでも守り抜かれて欲しい、そうあるべきだと思っています。

地元です。

「あがってけらっしゃい」=「召し上がってください」。そのとおりです。「~してけらっしゃい」は、かなり丁寧な表現です。「おじいちゃん、われげんと、こごをおさえででけらっしゃい」=「お祖父ちゃん、悪いけれど、ここを押さえていてくださいな」、みたいな使い方です。
これが宮城県北部になると、「~してけさい」または「~してけんさい」に変化します。おもしろいですね。古語のなごりのような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/618-c3c76b7a

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。