2017-06

Latest Entries

雑記

   
 マグロやカツオの刺身を切る場合に比べ、カツオの「たたき」ではぐっと薄くスライスするというのが多数派と考えてよいか? 筆者も薄めのスライスを好むけれども、しかしまた、1センチ幅くらいに切ったものでも悪くはないと思っている。   
   
   
 先週末、親たちの昼食を用意した際・・・。   
 カツオの「たたき」は、普通よりさらにもうちょい薄目にスライスし・・・。父にはこれを利用した茶漬けを。他方、茶漬けや丼もののような食事スタイルを嫌がることもある母には「そうめん」に「おかず」として添えた。   
   
 「そうめん」には揚げ物などを添えるのも良いのであるが、筆者はどうも、揚げ物をこしらえていると、鍋からの油の匂いで気分が悪くなる。油は、揚げ物で一度使ったらそれは捨ててしまうというのが親たちにとっても長らくの習慣になっており(酸化した油は体に悪いどうのこうので、昭和50年代くらいから油はそういう「使い切り・使い捨て」が定着した)、筆者が揚げ物するときもまたそのとおりにし、つまりは新鮮な油で調理するわけであるが、それでも具合が悪くなる・・・たぶん、揚げ物、油っこいものを敬遠しがちな食生活を長く続けてきたからだろう・・・和食然とした天ぷらはまだしも、しかし、フライなどでもかなり抵抗を覚えるものがあったりする・・・余談だが、「牡蠣フライやカツ丼は、和食なんだぜ」というその主張はたぶん正しいのだろうけど、「パン粉なんぞというものが使われていて和食だなんて、妙なもんだ」というのが筆者の率直な思いである(笑)。   
   
 カツオの「たたき」の茶漬けは、実際に試したことない人は多そうなのだけど、美味である。注意したいのは、薬味として生姜・にんにくは難しい・・・あくまで筆者個人の感覚ではあるが。香りの刺激が、熱が加わる環境下で強くなってしまうことなどによる。梅干であるとか、さもなければ柑橘系のものを上手に活用するのが好ましいと思っている・・・レシピ本、レシピ・サイトなど研究されたし。   
 但し、この茶漬けは、カツオの刺身や「たたき」の風味・香りの要素の中に「苦手な、独特の臭み」を感じてしまう人にはお勧めしにくい気はする。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/612-bc1c9b04

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。