2017-05

Latest Entries

雑記



   
 車イス、リハビリパンツ、おむつ、その他の介護関係用品を利用しながら親は何度も言う・・・「こういうものの世話になるなどと、想像したことも無かった」と。   
   
 「寒くて自分にはしんどい/やりきれないから手袋をする、たくさん歩けないから自転車に乗るとか、メガネをかける、杖をつくとか、そういうのと同じことで仕方あるまいに」と、そう言おうとしたが、よしたことがある。   
 そのかわりに、「性能的に優れた製品が今はたくさんある。品物の選択・指定に迷った。昔の人たちはとても不自由や不便、不満があったろうと思うけど今は・・・」みたいな趣旨のことを筆者は言ったかな。筆者には「それゆえに我慢しろ」みたいな思いは少しも無く、「人は、自分が生きている時代の恩恵というか、享受できる環境の良い面にまずは目を向けてくれよ」という思いばかりがある・・・しかし、言葉を受け止める側はどう感じたことか・・・どうも、男(息子)というものは、内容的にやさしい言葉を発せられない、特に身内に対しては・・・これは困ったものだ。   
   
 取説を読まなくても、(シャワーチェアのような単純きわまりないものはもちろん)車イスであっても、普通程度に観察すれば「このネジ/この機能にて、ユーザー自身の希望/ニーズにしたがった微調整が可能なんだな」とか容易に推測可能である。これらの品はもう随分前から使っているが、今日は取説を再確認。車イスに関しては、いちいちの理由を述べることはしないけれども、「キッチリしたモノ作り大国であるところのニッポン」をあらためて感したのであった。  
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/611-d957e703

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。