2017-06

Latest Entries

ヌカヨロコビ以下?

   
 「文化の日」が近い。しかし、音楽を聴く時間は乏しく、非・文化的に過ごしている。   
   
   
 今回は、「女はどうしてああいう香りを好むのか」、あるいは「アロマテラピーの効果のほどは?」みたいな話にしようと思っていた。「無香をもって良しとする」みたいな感覚でいる筆者としては、妥協できぬ・許しがたいというケースもあるのだ。   
 が、筆者が書きだすと当然に脱線するし、この件は整理しなおして書くことにしよう・・・。   
   
   
 話は全然違うが、今度の減税は「給付金方式」が想定されている。「納める税金が安くなる」というよりも「皆にお金が配られる」みたいな形である。   
   
 危(あや)ういなあ。   
   
 何が懸念されるかというと、これによって国民の納税意識が薄れていく・・・という話をしたいわけではない。   
   
 終息することのない「振り込め詐欺」との関係である。いや、振り込め詐欺とは異質なのかな、「税や社会保険料の還付金としてあなたにお支払いするものがあります。ATMで指示どおりに操作してください」と誘って、巧みな指示によって、何のことはない、ATM操作で自分の口座からどこかの口座へ振込送金させられてしまうという事件がかねてより報じられている。   
 「そんなアホな」と思うものの・・・でも被害者がいるのだから。   
   
   
 給付金方式の減税・・・。   
 具体的にどのような手続で行われるかはともかく、お年寄りなどに次のような電話が掛かってきて、そしてキャッシュカード持参のうえでATMに行かされて巧みな話術・誘導によって自覚ないままに振込送金させられてしまうなんてことがあったら大変だ:   
   
 「すでのご存知のとおり、減税措置に伴う給付が貴殿に対しても実施されます。年金を受給されている皆様につきましては、その源泉税との統合的処置の関係から、年金の振込口座として登録なさっている銀行口座に給付をします。キャッシュカードを持参のうえ最寄りのATMにてお手続きください」   
   
とか何とか・・・。   
   
 お年寄りに限らず、ATM操作詐欺などが多発するのではないかと筆者は危惧する。政府としては、「減税に伴う給付はこれこれこういう形で実施します」というのをよく宣伝し、同時に、起こりうる詐欺や事件について注意喚起すべきと思うのだが。   
   
   
 下のは或るCD。これについてはまた今度・・・。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/59-eb01979c

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。