2017-06

Latest Entries

ナ○ナは、おひたしの盗塁王です



   
 ナズナ・・・。「おひたし」にして親たちに食べさせたもの。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 自力で(自分オリジナルの)新しい料理を考えることは、人によっては楽しいことだろうと思う・・・「くさや焼きほぐし と セロリの アツアツ炊込みご飯に青海苔パラパラ」なんていうご飯はどうだろう・・・どんなふうに香り立つかな、と想像してみることがあった。確かに、匂い/臭いに一旦は滅入りそうな気もするのではあるが、しかし、マジメに想像し続けてみると、「案外と悪くないのではないか」という思いもまた・・・。  
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 しばらく前のこと、市販・出来合いの「鱒(ます)寿司」を親たちは気に入リ、「鱒という魚も悪くないな」と認識を新たにしたようであるから、「それならば、鱒を使った料理を作ってみようかな」と、何かの資料を参照することなしに自分の頭で空想してみることがあった: 輪切り(胴切り)の鱒をソテーし、市販の、レトルトパウチされたパスタ用ソースの中でもたとえばクリーム味でまとめられたタイプのものを添えるなんていうのはどうだ? ソテーする際、結果的にしつこくならないようバターでなく普通の油(サラダ油など)が好ましいのか・・・筆者自身の味覚・嗜好にあてはめれば「それでも最終的にはしつこい料理」と感じてしまいそうで、うむ、それならば、酒・ワインなどを用いつつクッキングホイルを活用していわばノンオイル・ソテーみたく進めるのが良いのか?   
   
 スーパーには輪切りされた「塩ます」が売られていたが、はて、塩気のあんばいは如何ほどなのか・・・上のような調理をした場合の、総合的な味わい(特に塩加減)はどんな具合か。廉価な食材であり、試してみればよいだけのことながらも、「げっ、クソ不味い」的な評を受けることへの不安を拭えず。   
   
   
 下のは「いしもち」。   
 日曜の昼食について「たとえばマーボー豆腐のような簡単なものを」といったリクエストがあった。でも、「簡単なものを」という部分だけに注意を払うことにし、この魚でおかずを用意することになった次第。   
 焼いて食べさせれば「夕飯メニューっぽいもの」と映るであろうから、スッキリな感じの汁で煮つけることにした・・・煮汁にはショウガ(すりおろしでチューブ入りのもの)をちょい加えて溶いた。   
 頭の切り落としを包丁でなくハサミでするのは初めてのことだったので、切り位置がちょい普通と違うものになった・・・ま、大した問題でもない、どうでもよいことだろうけど。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/562-1411a99b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。