2017-04

Latest Entries

ス タ ン ダ ー ル 生誕230年だから?・・・赤と黒を飲む



   
 (↑)いずれもエビスのビール。   
   
 左はちょっと前に発売された限定醸造の品。ホップの、しかも個性強めな風味が魅力・・・風味の強弱の「あんばい」に「いやらしさ」「うるささ」などは感じられず、好感を抱きながら目新しい美味さをじっくり楽しめた。つまみには手を出さずに楽しんだ。なお、この品、ビールの液体の色が黄金色でなく赤色であるとか、あるいは世間で「赤缶」などと呼ばれているなどのことはない・・・今回ブログ記事タイトルは、あくまで筆者の目に映る缶のカラー・色合いによっただけのこと。   
   
 右下のは黒ビールのタイプ。これも美味い。   
   
 いつもと違って、2つの缶を高さを違えて並べた。ス タ ン ダ ー ル の「赤と黒」の「赤」「黒」に或る意味合いをあてはめたうえ、「赤が上であれ、黒は下であれ」などと念じたりしたものではない。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/560-57f65079

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。