2017-06

Latest Entries

イサキの骨は鍛冶屋も・・・。イサキの脂は・・・。



   
 しばらく前のことになるが、日経新聞土曜版の1・2ページに「トマトの含め煮」が紹介されていた。作りたいと思っている。これの、温かいヴァージョンも、ひんやりさせたヴァージョンも、ともに食べたことあるのだけど、自分で作ったことなど無かった。湯むきしたトマトを煮る汁は、コンソメなどで仕立てるのでなく、和風だし、しょうゆ、その他によるもの・・・おでん種にトマトを入れるような感じに近いかな・・・煮汁は、市販の「めんつゆ」を少し調整することでも用意できるかと思う。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 冒頭画像は里芋を煮たもの。   
 もともと「カレーライスに用いた肉がまだ余っているので、出来れば無駄なく有効活用されたし」という命題があった。筆者の感覚は「魚に比べれば肉の価値なんぞは」というものではあるし、さほどの量が残っていたわけでもなかったのだが・・・しばし考えた末、里芋の煮物に追加投入することとした。   
 里芋は、すでに皮むきのうえ水煮された状態でパックされたものを利用した。これでも、食卓に並べる段になると「手作り感」が生まれるのが愉快。   
   
   
 サメ(棒サメなど)を、筆者はしばらく食べていない。大騒ぎしたり、はしゃいだりするほど美味なものではないが、しかし、忘れがたい、素朴なところもある魅力をしっかり備えた食材である。親たちも最近は食べていないだろうと思い、煮付けることにした。しかし、メニューの予告に対し、親の一方はあまり嬉しそうな顔をせず・・・そちらのためにはイサキを焼くことにした。   
   
 イサキは、本来ならば明日の昼食に「(焼き)イサキの ほぐし身 入り 炊込みご飯」の具として使う筈だったのであるが・・・一度でよいから、この手で作ってみたかった、少し変り種の炊込みご飯。   
   
 夏でない、この季節のイサキは食べるに値する味わいなのか? ・・・という疑問を持つ方もおられるであろうが、脂の乗りをしっかり感じられるものであれば「わざわざ食べる」甲斐がある。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/548-5ec0bbc2

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。