2017-06

Latest Entries

雑記

   
 魚の「ブリ」の切身・・・これに塩を振り、しばし放置してからグリル・焼き網などで焼く・・・というのは珍しくもない調理だろう。   
 塩のほかコショウをも振ってからフライパンでソテーすると(もちろんサラダ油なりバターなりを使用)、サンドウィッチの具としてさほど無茶でなさそうなものとなる。しかし、ブリという魚/食材がサンドウィッチにて食されることは何だか許せないのである・・・広く主張しようなどという気持ちは無いのであるが、自分の心の中ではサンドウィッチやハンバーガーというものは“日本人がわざわざ食べなくてもいいんだぜ”的な存在だからか。   
   
 親のところにて「使い切ってないブリをそろそろ消費しきらねば」ということになっており、また、筆者のところでも「ブリ大根に」ということで買い求めた「ブリあら」があり・・・。昼食に、ソテーしてパンに挟んで食べてもらうのはどうかというアイデアも浮上したのであるが、それはやはり許しがたく(笑)、また、昼食としてはあまりに重過ぎる、消費しきれない量と思えた。   
   
 ブリと長ネギなどを主役にした、何と呼べばよいのだろう、「ブリねぎ鍋」と呼べば世間一般には通りがよいのだろうか、あれを夕食として筆者が作ることにした・・・家庭料理というよりも居酒屋料理っぽいものという感覚を持っているのだけど、ま、いいやということで。   
 写真を撮るゆとりが無く、下の画像は、食卓に供した鍋から取り除けたものたち・・・ネギの青い部分はいわば「出汁とり・風味付け」のためにオマケで投じたもの・・・なお、煮汁には昆布だしを利用し、また、ブリの臭い消し以上の目的で少々のショウガも利用したが、ショウガの香りはネギのそれと相まって冬場には嬉しい香りが立ち上ることとなった。   

   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/541-9087fc94

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。