2017-06

Latest Entries

雑記



   
 ずいぶん前のこと・・・。   
 サイクリングに出掛けたその帰り、頼まれていた買い物をするために某スーパーに寄ることがあった。店内にアナウンスが流れた・・・「ただいまから“サバの解体ショー”が始まります。ご覧ください。また、当コーナーで1尾まるごとお買い求めいただくと、切身のものよりもずっとお得なお値段です」という趣旨の店内放送。   
   
 マグロとかならば(とはいえ、いろいろな種類があるが)、「解体ショー」・「解体する」という言葉は似合うが、たとえばサバ、カツオ、ブリとかだと「解体」という言葉は相応しくなくて「さばく」・「おろす」という表現に則した言葉が適当ではないか。   
   
 しかし、サバ程度のサイズだからといって、丸ごとの魚をさばいてみせるということ、また、それを大人ばかりでなく子供も目にする機会がありうるということは、意義深いことのように思える・・・ここでいちいち「他の生き物の命を頂戴して人間の食事と為している」とかの文句に始まるあれこれを書いたりはせぬが。   
   
 「ファスト・フード」ならぬ「ファスト・フィッシュ」という企画が登場している。魚を食べてもらうことへの一定の効果は期待できそうに思えるのだが、しかし、長い目で見たとき、魚関係業界にとって、また、日本人一般の食生活において、ハッピーなものとなるかどうか・・・。鯉の煮付けやトビウオなどに見られる小骨を上手に容易に取り除けるようになれとかいたずらに求めたりはしないが、でも、「あら煮定食」をきれいに食べたり、魚の頭やカマなどをせせる喜びを感じたりとか、そういうことはずっと続いて欲しくもある。   
   
 「かまとと」という言葉がある。その意味・由来の説明は省略・・・いずれ、時代が進むと「イワシつみれとと」、「カニカマとと」なんていう言葉も誕生するかも知れない。「カツオの一本釣りってカッコいい。自分は、軍艦巻きと白身魚フライと魚肉ソーセージを一本釣りしてみたいな」と思う子供も出て来るかも知れない。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 日曜の昼、親たちのために、父には「温かい蕎麦」を、母には「にゅうめん」を作った。   
 別途の皿に天ぷら(ナス、おおひらたけ・・・冒頭画像、ネギ)を用意したけれども、どんぶり・麺にはカマボコ、麩などを乗せた。   
   
 朝食はご飯でなくパンばかりが続いているという人が、或る蒸し暑い夏の朝に味噌汁の香りをかいだら気分が悪くなってしまったという話を聞いたことがある。油っぽいものを避けてばかりいる筆者は天ぷらを揚げている途中でかなり具合がわるくなった・・・「油酔い」と呼ばれる症状だったのか。パン屋さんの横を通って気分が悪くなることもあるので妙に自分で納得してしまう症状ではあった。   
   
   
   
 身に付いてしまった変な習慣があって、カマボコの板をなかなか捨てられない。   
 一本足スタンドの自転車のあのスタンドは、ごく少しずつながらも庭の地面に埋もれていこうとすることがある。そのために人によってはスタンドを立てる地面にレンガや石、不要になった皿(ステンレスなどだと望ましいのだろうが)を敷いたりセメント敷きしたりもするようだが、筆者は中学生の頃から(土を少しだけ削ったうえで)カマボコ板を敷くということをしていた・・・板はやがて縮んだり割れたりもするが、スタンドの当たり・感触が微妙に心地よい。   
 また、たとえば「お茶箱」に湿気が這い上がらぬように置いたスノコが傷んできたとき、カマボコ板は応急のためにさしはさむのにさしたる力も要せず母でも簡単に使える便利用品だったりもした。   
 革製品のカシメ修理の際の作業台としても役立つようだ。   
 ノートPCの夏場の熱暴走など回避するため、キーボード下の奥側に並べるという人もいる(まったく同じ厚さのものを並べるのだろうと思う)。   
   
 自宅のお風呂が総ヒノキ作りというお方がいて・・・しかし、昔のヒノキに比べると木の傷みが早いのだそうである。予想よりも早くに破損が始まってしまう個所も出て来るそうで、それを聞いたとき筆者は「ホームセンターに行けばヒノキだろうが何だろうが好みの厚さのものがたくさんあって、ちょい料金を払えば希望の寸法でカットもしてくれますよ、それで補修するテもありそうですね」と言った。「ごくごく小さな補修ならばカマボコ板を自分で加工すればあっという間に出来てしまいそうですね」とも言った。その方は本当にカマボコ板を切ってカンナがけして補修したようだ・・・水分を吸っている木材だからその後の狂いも少ないか・・・いや、そんなことは分からぬ、顛末も知らぬ。   
   
 年末に床屋さんで貰った(「粗品」の)耳かきとか、カマボコ板とか、捨てに捨てられぬものが・・・。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/522-c39ecd44

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。