2017-11

Latest Entries

カラオケ、OK?

   
 クラシック畑ではないが、この人もコンスタントに稼ぐなあ(という表現は少しばかり下品なので「手堅いあんばいでヒットを出す」と言いなおすべきか)・・・そのベスト盤:   
   
   http://www.hmv.co.jp/product/detail/2766333   
   
   
 筆者は、今回特別収録の曲を除けば多分すべて持っているから買わないけど。   
   
 この人の曲作りは、どこかワンパターン的な、あるいは予定調和的範囲で進行・終結するものが多いように思う・・・聴感上での感想だけれど。しかし、ウケや聴き手の心地よいものを見出して展開させ、てらいなく差し出すのもまたひとつの才能であろう。アメリカン・ポップスに漬かることで育まれたラインといえるのかも知れない。   
 歌詞における言葉遣いに関して、あと少し(女性らしい)丁寧な言い回しのほうがいいな、などと思うことはある。   
 声質は確実に魅力である。が、しかし、「歌がうまい」かというと、手放しでそのように褒める気にはなれない・・・「ここの歌いまわしはもう少しキレイにキメられる筈のものではないか」、「この曲を他の歌手に提供していれば、もっと上手に歌われることであろう」など感じるときがあるし、何となくだが素人っぽいものを覗かせるところもあるし(逆に、磨かれ作りこまれていないから良い、スレていないから良い、との見方は成立しうる)、音程にも不安定なところがあったり。   
   
 上のURLで見ると3枚組商品とされているが、初回限定としてボーナスディスクが付いた商品もあってその内容はオリジナル・カラオケである(「駅」ほか全10曲)。   
   
   
   
 さて、カラオケとくれば・・・。   
 これまでにも類似のソフト、あるいは音楽関係ソフトへのプラグイン・ソフトは存在したけれども・・・。   
   
   http://pc.nikkeibp.co.jp/article/special/20080930/1008331/?set=ml   
   
   
 ま、ニーズに応じて(笑)   
 言うまでもないが、これは「人間の歌声を察知してその音を消す」というロジックで作られているわけではない。条件が適合するならばピアノ・コンチェルトやヴァイオリン・コンチェルトの独奏楽器を消す、または相当程度まで減衰させるなどのことも可能な筈である。筆者は他のソフトを使っているが、このソフトも良さそうだなあ。   
 もっとも、バックバンド、あるいはバックのオーケストラなどの音も差別なく影響を受けるから、それらがえらく薄っぺらで貧弱なものになってしまうこともある。しかし、楽器演奏もするクラヲタにとっては、マエストロとの共演、いや、すでに故人となったセルやカラヤンやジュリーニとの共演だって出来てしまうという、夢のミラクル・ソフトと言えよう(笑)  フルヴェンほかの人工ステレオ処理したものだとどうなるかなあ、試したことはないが・・・。   
   
   
 そう言えば、やはりこの種の機能を持ったソフトで、ソフト制作者がこっそりスパイウェアを仕込んでいたという事件が過去にあった。ソフト制作者側にはそれなりの言い分もあったようだが、ともかくそのソフトは現在は配布が停止されているはず。   
 PCユーザーが、たとえばウィルスやスパイウェアの含まれたものをインストールしてしまう危険を避けるために、あるいはまた万一にも問題あるソフトをインストールしてしまった場合に報道そのほかを通して少しでも察知しやすくするために、フリーソフトやシェアウェアについてはベクターのような大手というか代表的というか、そういうところに登録されているものを利用したいものだ・・・個人的にはそのように思う。   
 ケースによってはソフト制作者みずからが運営するサイトのほうに最新ヴァージョンや最新ベータ版が置かれていることもある。そうでなくても、そういうサイトにはサポート掲示板や、レジストリを使うソフトであるか否かほか、仕様、既知のトラブル事例についての情報があったりするのでぜひとも立ち寄るべきものと思う。なお、ソフトをどこからダウンロードしようとも、まず、サイト上に表示されているファイル・サイズと自分がダウンロードしたもののファイル・サイズとが一致するかチェックし、そのあとすぐ、ダウンロードしたものについてセキュリティ・ソフトでチェックをかけるべきであろう・・・第三者が悪意をもってサイトに不正ログインして本来のソフトをウィルスソフトに置き換えるようなことだって可能性としてはあるのだ。また、解凍の前後、インストールの前後などステップ進行しながらチェックをかける人もいることだろう。また、そのソフトが、こちらが予期していないのにネットでの接続を試みたりするかどうかについて、監視するなり、セキュリティ・ソフトがそのような挙動をユーザーにしかと通知するような設定にしておくなり、そういうことも考えておきたい。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
 次のはソフトでなく、ハードウェアがらみ、かな。   
   
   http://www.lifehacker.jp/2008/09/wi-fi.html   
   
   
 筆者としては Bluetooth の通信を安定させたい・・・。   
 下のはいま手近にあるのを写真に撮っただけのことであり、「この製品が不安定」という意味ではない。いや、この製品は安定していると感じられる製品。他の製品で不安定を経験している。(本当は「黒色」のものを欲しかったのに、最近はPCがらみでは「黒色」のものの比率がいくぶんか少なくなっていて店頭品切れもありがち?)   
 不安定さについては、「どこで」「どの部屋で」「どういう環境の空間で」とか「どのハードウェア、OSの組み合わせで」とか「セキュリティ設定を厳しくし過ぎて運用している」などの点に原因があるのかも知れないが。   
   


コメント

コメントをありがとうございました

 こちらこそご無沙汰しておりまして。   
   
 ミュージックマイナスワン、MIDI、いずれも選択肢ですね。   
   
 今回は、本文で紹介・言及させていただいたサイトの記事に合わせて書いてみました。ポピュラー・JPOP系ほかでカラオケを見つけにくい曲を歌いたい、あるいは、クラシック音楽で巨匠と共演したいなどなど考えた場合の、最も気軽で素早く低廉な手段として・・・。理想はなかなかむずかしいものですが。   
   
  Wii は、わたくし、ほとんど何も知らず・・・むしろ、ダイナミックな面白い遊びがあれば手を出してみたい気はちょっとあるのですが、音楽系では今のところ興味を持っておりませんです(笑)   
   
 今後ともよろしくお願いいたします。   

ミュージックマイナスワン

お久しぶりです。
かつてコンチェルトのカラオケレコードが出ていましたが、この種のソフトが出ても実用上中々厳しいかも知れません。

今ならリアルなオーケストラより、(大半の通信カラオケソフト同様)テンポコントロールの容易な、打ち込みMIDIデータを使うほうが実用的かな・・・と。
任天堂Wiiのソフトはプレイヤーの敷居を下げることしか考えていないようですけど(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/52-a77af499

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。