2017-10

Latest Entries

雑記



   
 おおざっぱに言えば歯が悪いという、つまりは、硬めのものや、プリプリしたりなど弾力がありすぎるものを噛むのに難儀や手間や不興を覚えるという筆者の老親に肉類をしっかり食べさせるには・・・。   
 大袈裟に考えなくてもハンバーグでも何でもありえるわけだが、やはり「ひき肉」などの利用はアイデアとして筆頭格であろう。ただ、筆者自身が洋食嫌いで、たとえ「大根おろし」などをを添えた和風ハンバーグ仕立てもイマイチ面白くないと思えば、鶏つくね・ひき肉団子を煮て食べさせることなどを「良し」と感じてしまうかな・・・牛肉と鶏肉とでは、食肉加工処理などの関係で鉄分などの含有度合いにも差が生じてしまうのだけど。しかし、ポン酢、もみじおろしなども利用することで、「あれ、よく食うよなあ」と感心するような食べっぷりを目にすることもあったりで、すると「栄養面での理想を追ったり細かいことを考えたりしなくてもいっか」みたいな気持ちに・・・それで良いのか否か、どうもよく分からない。   
   
   
 注目が続いている「塩麹」もまた、調味料としての面だけでなく、肉などを柔らかくしてくれるという点では歯の悪い人のための食事メニューのヴァリエーションを広げるうえで便利なのだな。(下の画像の、薄切り肉に乗っかっているマヨネーズっぽい感じのものが塩麹・・・なお、これを撮ったのち、思い直してもう少し多めに付けてラップに包んで保存し、そして利用したが・・・きちんとした活用法・ノウハウについてはレシピ・サイトその他で研究していただきたいが・・・肉を、「しゃぶしゃぶ(風)」にしたり蒸したりする場合の事前処理に活用可能。)   
   
   
 塩麹はいろいろなものを柔らかくする効果があることから、次のような遊び・利用のされ方も広がりつつある:   
   
   
 例その1: スプーンを塩麹の中に1週間ほど浸しておく・・・スプーンが柔らかくなり、特に超能力が無くても容易に「スプーン曲げ」をして遊べるという。   
   
 例その2: ゴルフクラブのシャフトに塩麹を塗り、食品用ラップで覆う。1週間ほどして塩麹をきれいに拭き取る。シャフトの「しなり」の具合は変化し、ゴルフボールの飛び・コントロールに格段の違いが生まれるという。   
   
 ・・・と、これらはもちろん嘘・デタラメである。サビ・腐食、また、それらに伴う事故・損害などあっても、筆者は何も責任を負わない。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/493-60920aa9

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。