2017-03

Latest Entries

雑記



   
 (↑)それぞれに美味いビール。筆者が気に入ったのはエビスのもので、1リットルでもたぶん飽かずに飲み続けられるだろうなあ。   
   
 ところで・・・。   
 この夏から秋にかけて、居酒屋その他では例年とは比べものにならないほど「サンマの刺身」のメニューを目にした。どうしたことだろう・・・物流の手法・クオリティなど革命的に進化・発展を遂げたのだろうか。従来、北海道などならともかく、本州の、それも関東甲信地方などでは、筆者の限られた経験からすると客にサンマを刺身で出すことに躊躇するお店は少なくなかった。それは、鮮度と風味・食感との関係から来る問題もあったろうし、他の理由も考慮してのことだったかも知れない・・・断定的なことは言えない、分からない。   
   
 筆者は、サンマの脂は加熱されたときにこそ香りと舌への乗り具合がベストと思うので、サンマの刺身への執念はそれほどには無い。今年は、刺身を口にしたのは2回・・・いずれも日本酒を5合ほど飲んだあとに食したので、魚好きである筆者にも「生サンマの脂は変にしつこい」と感じてしまった・・・頭では「美味」と理解しても、舌はまた別。   
   
   
 人それぞれ、様々に思うところや経験などあって、広い世間では刺身で食べることもポピュラーであるのに「でも俺にはそれは出来ない」みたいな、そんな魚介類があったりする・・・と、ここで何やかやと魚などの名前を列挙することは控えておくのがよいのかな。   
   
 親たちの食事を用意しつつ、筆者だけが酒とともにつまむこととなったブリ・・・「ひと切れだけでも食べてみる?」と声を掛けたが、答えは「ノー」であった・・・これもキッチン・ドリンカーか。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/490-cf940899

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。