2017-08

Latest Entries

秋の揃い踏み?



   
 いまの時点で、大手メーカー発売のビール系飲料のうち「通年レギュラー商品ではない、秋の限定商品」としては上のようなものを目にすることが出来る。(まだ他にもあるかも知れないが網羅的にチェックしようというつもりが筆者には無い。)   
   
 筆者個人の「気に入った順」で左から並べてみた。結果的に左2本は「ビール」で、右2本は「ビール」ではないビール系飲料。   
   
 一番左のサッポロの「日本の彩 PREMIUM 」・・・麦芽が放つリッチネスをどこまでもとか、際立つホップ香や苦味を効かそうとか、そういうことではなしに、「フツーの日本人がフツーに親しんできたビールの旨さの延長上に、やさしさ・節度を伴った豊潤さを」と言うのかな、ともかく、飲んだ瞬間に「これを美味いと感じない人がいるだろうか?」という感想が生まれ、また、顔もほころびそうになる味わい。コンビニにて冷えた商品を買って帰ったのだが少し温かくなってしまったかに思え、飲むまでのあいだ冷凍庫内のアイスノンに接触させて保管・・・取り出して缶に触れたら冷えすぎと感じられたのでしばらく放置。するとビールは偶然にも最適温度になっていたと思われ、それこそ美味であった。  
   
 左から3番目のサントリーの「秋楽」は「あきらく」と読ませる。しかし、お気楽に商品企画されてはいないと思える。ローストされた麦芽を原材料中に含むからその味わいは人によって好みは分かれよう・・・エールと呼ばれるビールや黒ビールなどすべて苦手という人には親しみにくいかなと思う。逆に、「いろんなビールが好き」という者にとっては、この品を飲むのに最適な温度を見出すとか、(「ビール」でないビール系飲料ゆえの)粗探し・限界点探しをも含め、楽しみがあれこれあると思える。飲み口・味わいは筆者の好みにはわりと合った。   
   
   
   
 下のは、例のごとく料理説明用に撮ったもののひとつであるが、時間が無いので写真だけ・・・ま、水洗いしただけで皿に盛ることが出来るという、最高に楽チンな品ではある・・・殻剥きし、卵も洒落た形で添えなおして皿に盛るとかは時間があるときでないと苦しい。なお、これはグリーンランド産。酒などの飲み物は、こういうものにもマッチする・拮抗できるものでないといけない。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/466-8d1affcf

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。