2017-04

Latest Entries

雑記



   
 前回ブログ記事の、フィッシャー=ディースカウのCDセット商品には解説冊子(英・独・仏語)が付属しているが、そこに歌詞は載っていない。しかし、冊子17ページの説明にあるとおり、「CD11」の中に歌詞のPDFファイルが収録されている。一部を除いて英語対訳も載っている。   
   
 冒頭の画像は、筆者のウィンドウズ・パソコンにて「CD11」をEドライヴにセットしたときの「マイコンピュータ」画面から。セキュリティ上、CDメディアをセットしてもオートランなどしないよう設定しているが、そういう場合、この例で言えばドライヴEをダブルクリックすれば歌詞を見るための画面に誘導されていく(もちろん、エクスプローラ画面から操作したいという人はそれでもよい)。   
   
   
 まずは、好きなリヒャルト・シュトラウス作品を少しだけ聴いてみたのだが、歌唱のほか、「ドイツ語の音」にあらためて魅せられた。(たとえば北欧歌手などがドイツ語で歌ったものについて、ふだん特に「気に入らない」などということはないのだけれど・・・。)   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/429-8e08a297

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。