2017-05

Latest Entries

菜花(なばな)は 「をかし」 のホームラン王?



   
 「漬物ファンは、米ヌカと放射性物質との関係をどう考えるべきか」、「菜の花と放射性物質との関係は?」などと懸念する向きもあるやも知れないが、筆者自身は頓着しない。食欲には勝てないというか・・・(笑)。   
   
 菜の花を「山菜」と位置づける人はいないと思うけど、しかし、単なる季節感を超えた、ちょっとだけ格別な風情をその味わいの中に感じる点で、山菜に心ときめかすのと似たような心の動きを誘ってくる。好き嫌いもよく見られがちな山菜類に比べ、一般ウケもかなり良かろう。そして筆者は、出始めも、その後も、しばしば食べたくなる。   
   
   
   
 「つぼみ」と、それ以外を適当な長さにカットしたものとのうち、後者を先行して茹で始め、歯の悪い親もいるので最終的には普通よりほんのちょっとだけ柔らかめに仕上がることを考えて「茹で」と「蒸らし」。次に「つぼみ」も加えて茹であげ・・・「そうそううまく行くかな?」と不安であったが、大丈夫だった。   
   
 二束のうちの半分は、ありきたりながら「辛子じょうゆ和え」にした。もう半分はナムルまたはナムル風にして次の日に食べてもらおうと思ったのだが、菜の花をつまみ食いすると香りがかなり良く、どうしてもゴマ油をからめるのが惜しいように感じられてしまい、「明日、味噌汁の具として最後に加えてくれ」と言い置いた。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/424-9a692794

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。