2017-05

Latest Entries

クラヲタにとっての GW と R C サ ク セ シ ョ ン


   
 世間はGW、すなわちゴールデン・ウィーク入りである。   
   
 しかし“GW”の文字列を見て真っ先にギュンター・ヴァントを連想する人はクラヲタかも知れない。   
   
   
 話はぜんぜん違うが、クラヲタにとって“ R C サ ク セ シ ョ ン ”とは、某バンドの名称のほかにも、「ロベール・カザドゥジュ(カサドシュ、 Robert Casadesus )の演奏記録を連続鑑賞すること」を意味する(ホントか)。    
   
 昨年秋に登場したカザドゥジュの10枚組CDセット( Membran レーベル)・・・なぜか今頃になってHMVのサイトにて記事で紹介されている。タワレコの店頭でも見かけたりするが。   
   
  http://www.hmv.co.jp/news/article/1204240075/   
   
   
 アナログ盤から復刻した音源がメインかと想像する。かなり古いレコーディングも含むし、また、復刻クオリティがどの程度のものであるかは気になる。しかし、ラヴェル、ドビュッシーなどのほかにも、セル、オーマンディ、フランチェスカッティらと共演した諸々の作品が収録されている。これまでにCDなどで得ていなかった人にとって一応以上には「お値打ちセット」と言えるのではないか。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・    
   
   
 下の写真の左のはビール。北海道でなくてもイトーヨーカドーにて買えた。   
 飲んでみて「あれ? おかしいな。妙に薄くないか?」と感じた。   
 「この味・出来ばえはおかしい。俺の舌がどうかしてしまったわけではないぞ、絶対に」と思えたのでネットでいろいろな人の感想を調べてみた・・・その結果、「できるだけ製造日から日数経過していないものを買うのが吉。しかしそれでも、ロットによって濃い・薄いの差が見られうる」と、そんな心づもりで手にするのがよろしいのかなと、筆者は肝に銘じることとした・・・うーん、でもなあ。   
 筆者が買ったのは製造日からまだ1か月を経ていないものであったから、そういう鮮度の点では問題ナシと思われ・・・とすると、ロットによる味の濃淡の違いの問題か。今回は残念であった。   
   
 右のは缶入りカクテル飲料。美味であった。   
   
 (以上、味の感想は当然ながら個人的なものである。)   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/405-89ab372d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。