2017-08

Latest Entries

「酒を飲みつつ仕事した」と、ブログに書いてはイケナイか?

   
 10日間くらいのあいだに、中学生や高校生による自転車事故(の瞬間)を5件くらい目にした・・・「ケータイを左手に持っていたものだから右手でブレーキをかけることになって転倒」、「スピードをろくに落とさずに交差点に進入して歩行者と接触」、「のぼり段差にて、(これは想像なのだが)段差への斜め進入でハンドルを取られて転倒」とか。   
   
 ここ最近に限ったことではないが、インドアの遊びに偏りがありそうな今の子供たちの運動能力には問題がありがちだと思う。それでもなあ・・・上のような事故に関しては、たとえば小学生などでも自転車に乗り始めて1年ほどもすればその危険をしっかりと承知する種類のものだと思うが・・・。   
   
 でも、ブレーキ・シューの傷みがどうこうは別として、ハンドルを奪われないように気をつけつつ、(左手=後輪のブレーキ操作を後まわしにしての)右手ブレーキ優先使用は、ちょっとした制動感が手に伝わって、むしろ心地よいものがあったりする(凍結路面とかでまではオススメしないが)。   
 のぼり段差に対して、直角にでなく、けっこう鋭角に(時には前輪を浮かせて)進入するのも、大丈夫そうな「あんばい」が分かっていて、なおかつ後輪の乗り上げ時の「ガガッ、ズズッ」と来るものへの心積りがあれば楽しかったりもするし・・・。   
 直角進入で乗り越える段差も、ハンドルのグリップを握り締めるのでなく、一応の備えとして親指と人差し指とで固くフォルムを保ったうえでハンドルから1センチばかり離しておいて段差進入すると、手・二の腕・肘などに衝撃が伝わらなくて楽だったり・・・。自転車には自転車なりの、合理的だったり面白かったりする扱い方があると思うのだけど、ま、どうでもいいか。   
   
   
   
 「酒を飲みながら仕事した」、「酔いも醒めていないのに仕事した」などのことは、ブログなどには決して書いてはいけない・・・というのが、一種の鉄則かな・・・それは営業マンであれ事務屋であれエンジニアであれ。そして、仮にもし「午前3時まで酒を飲んでいたものだから、朝5時からの(電車やバスの)乗務はきつかったぜ」なんて告白するブログがあったら大問題になる可能性もあろうか。   
   
 許されるのは、「飲酒を伴う接待」や「飲みながらの(仕事上の)打合せ」のケースくらいか。   
   
 けど、こういうのも許されるかな・・・。   
   
 先日、大先輩から受けた電話:「お前、やっぱりゴルフはやらないのか? Aさんを知っているだろ? 一緒に回るんだ。Bさんも来る。一緒にどうだ?」。   
 「一緒に」も何も、筆者がゴルフをプレーしようとすれば、これから道具や衣類・シューズを揃えなくてはならないし、もちろん練習場にも通って・・・というところからスタートすることになるのだ(笑)。   
 若い頃から「ゴルフはするまい、あれで時間を取られたら、休みの日の寝坊も出来なくなるし音楽を聴く時間も乏しくなる。接待ゴルフも接待マージャンも一切したくない」と思って来た。「道具? ゴルフ・クラブなら、俺が使わなくなったのがいっぱいあるからあげるよ」などの言葉を掛けられたこともあるが、ま、「ゴルフをやらない」ことについて譲歩・妥協はありえないのだ。   
   
 経費精算伝票に添えられたゴルフ場の会計伝票を目にする機会もあるが、ゴルフ場内にある茶店だかレストハウスだかで食べられる蕎麦がどのくらい美味であるか確かめたい気はちょっとするけど、しかし、やっぱりフツーの乾麺なのかなあ(笑)   
   
 結局、というか当然ながら先輩とのゴルフの約束はせずに済んだが、そのかわり、昨年までの何回ものゴルフでAさんやBさんたちが写っている写真からピックアップしたフォト・アルバム(CD-Rでなく製本されたもの)を作るのを頼まれた。   
 作業を若い人に「丸投げ」したいと思ったが、彼らはAさんやBさんの顔を知らなかったりするし、それぞれの魅力や個性がよく滲み出ていて「これは面白い!」という写真をピックアップするのはさらに難しかろうし・・・。自宅で夜中に作業することにした。   
 それにしても、ズーム機能を使って撮影しようと思うことが少なかったのか、小さく写ってしまっているものが目立った。レストハウスで撮ったのか赤目現象が出ている写真とかも・・・。   
 写真のピックアップ、画像補正、トリミングなどに結構な時間を要した・・・いつしか、(いや、ほとんど最初からだが)酒を飲みながらの作業・・・人と人、会社と会社の縁を良好にする、「やっぱりこれだって仕事さ」と言えるものではあるが・・・こういうのは「酒を飲みながら」であっても許されるだろう。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/404-1ba96466

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。