2017-10

Latest Entries

雑記



   
 (↑)ドイツからの輸入ビール。   
   
 左のは、唇に触れる泡の感触も快く、また、美味いと思えるビールであった。   
 右のは、味・飲みごたえがいくぶんか薄すぎる・軽すぎるように感じたが、これは飲んだ日の体調などによるせいかも知れぬ。   
   
 同じビール・メーカーの製品であるが、左のはスチール缶、右のはアルミ缶なのだなあ。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 しばらく前から、休みの日には気まぐれに、老親のところの夕食、さらにはまた昼食も、筆者が用意してみることをしている。あくまで「気が乗ったときだけ」だが・・・。   
   
 これまでに用意したことあるのは、思い出せるところでは次のようなもの(なお、刺身であるとか、また、おかずの一部に過ぎず、なおかつ「調理・料理した」などと言えないような、豆腐(単に温めたものに薬味を添えただけのもの)、焼豚(メーカー品)をスライスしたもの、スーパーの惣菜コーナーで買った出来合いのポテトサラダなどなどは除く)・・・。   
   
   
 ナメタガレイの煮付け   
 赤ガレイの煮付け   
 子持ちカレイ(品種は浅羽ガレイだろう、冷凍もの)の煮付け   
 赤魚(アイスランド産だったかな、冷凍もの)の煮付け   
 アスパラのベーコン巻き炒め   
 おだまき蒸し(具は鶏ササミほか。昼食のとき)   
 大根などの、おでん風の煮物   
 大ぶりにカットした長芋とインゲンの煮物   
 カボチャの煮物   
 ワカメ(新もの)とキュウリの和え物(しらす干し、三杯酢つき)   
 つまみ菜おひたし   
 花ワサビおひたし   
   
   
 「カレイの煮付けばっかりだな(笑)」と思われようが、べつに「2日続けて」とかではないし・・・。   
 メカジキの煮付けを作りたいときがあったのだけど、店頭には「冷凍もの」しか無かった・・・あの魚は「冷凍もの」だと、好きになれない風味が付いてまわるので結局はカレイを選んでしまった。メバルの煮付けもしてみたかったが、この魚は母があまり好きでないので見送った。   
 ただ、カレイを煮付けるにも、上の3種ではそれぞれ煮汁の味付け・濃さなどを違えている・・・「このカレイにはこういうあんばいの汁がよい」と信じているものがあるので。   
   
 「おだまき蒸し」は新聞記事にあったレシピを参考にしたが、それ以外の調理では何も参照せず・・・「そのくらい当たり前だわな」と思われるだろうが。   
   
 2つを除いて、「美味しい、上手に出来ている」と言われたので、ま、良かろう(笑)。   
 その「2つ」とは何か。ひとつはアスパラのベーコン巻きの炒めもの。実は筆者、この料理を今まで食べたことがない・・・勿論ずっと前から何度も目にし、職場の昼食にも出てきたりするが、ベーコンを口にしたくないものだからいつも箸をつけずに残してしまうのだ。で、もともと「これを作ってみよう」という思いなど無かなかったのだが、父が冷蔵庫からベーコンを出して来て「これを買って来たんだよ。美味いんだよ」と言った。「どのようにして食べたいのか? 目玉焼きと一緒にか?」と尋ねると、そうではないと答えながらもそれ以外の具体的な料理を思い浮かばない様子だった。「キャベツかモヤシなどと一緒に炒めてみるか?」と訊いてもそれも好きでなさそうな表情・・・。「じゃあ、あしたアスパラと一緒に炒める」とこちらで決めてしまった。   
 さて、とりかかり始めて浮かんだ疑問は「この場合、アスパラは下茹でみたいなことをするものなのかな?」であった。いちいちネットなどで調べる気にもならず、短時間だけ茹でてからベーコンを巻き、そして炒めた。   
 ベーコンの匂いも好きでないものだから味見もせずに食卓へ・・・。アスパラは柔らかすぎたようで、歯がよくない母は「これでちょうど良い」と言いつつ、ベーコンはベーコンで、アスパラはアスパラで、別々にして食べていたが、父はアスパラの食感が気に入らなかったようだ。   
   
 花ワサビは、これは「おひたし」というか「湯かけ」などしたもの。母は「噛みにくい」と言い、父は「(唐辛子の辛さとは異なる種類の辛さでもあり)これは辛いなあ」と言ってあまり食べなかった。「酒飲みなのにこれを喜ばんのか。手に入る時期も限られるしホーレン草などより値段も高いんだぞ・・・」と、筆者は少々不満であったが、残ったものはこちらで平らげた・・・「我ながら、これは上手に出来たわい」と改めて思ったが、けど、これは何点かのポイントさえ知っていれば誰でも作れるものだなあ(笑)。   
   
 魚料理が目立つのは、これはこちらの好みの押し付け。が、仕方あるまい。たとえばオムレツを作れと言われても、筆者には出来まいし、勉強する気にもなれない。豚肉の生姜焼きなどなら作れようが、しかし、乗り気になれないだろう・・・ストレスの原因になりそうな調理は、自分としては避けたく思う。   
   
 実は、包丁を上手に使えない。輪切りした大根の皮を包丁で剥くなどは出来るが、面取りの作業は包丁でするよりも(ニンジンやジャガイモの皮を剥くときに使うような)皮引きを使うほうが、自分の場合は速く出来る。包丁の「握り」部分を何かの拍子に汚してしまうのもイヤなので、調理してみようと思うレパートリーにもそういう気持ちが現れるなあ。   
   
   



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/394-b25b0ac3

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。