2017-08

Latest Entries

雑記

   
 前回のブログ記事のために撮った写真を自分で眺めて、「普通の人だとお払い箱にしてしまうものを、俺はセコく使っているなあ」と、あらためて思った・・・サイズの大小比較のために写真右に写し入れた記録メディアの話である。   
   
 メディアの、そのときそのときに於ける主流の種別・規格は時代ととともに変遷しうるが、それ以前に、いや、それと同時に、記憶/記録の容量は増大していく。   
   
   
 で、「いま」の時代にしては「小さい容量」になってしまったものを、人はみな、どう扱っているのだろう。たとえば下の写真の16MBのものなど。筆者は、フロッピーに記録したままの古いデータを移すのに活用した。しかし、フロッピーも保存状況に配慮すれば、いまもちゃんと読める。コンパクトフラッシュにせよ miniSD ほか各種メディアにせよ、「いちど記憶/記録したものは永久に安全に保持される」という信頼を筆者は置いていないので、なるべく複数メディアで記録を残すようにしているが、それにしても、大容量へのニーズは増すばかりである。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/39-936c0493

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。