2017-07

Latest Entries

雑記



   
 (↑)・・・北海道に来てみたらとんでもなく寒かった。   
   
   
   
 ・・・というのは嘘で、某ショッピング・モールにて「駅弁大集合」みたいな特設コーナーにあったという品。   
   
 画像からは分かりにくいだろうけど、商品パッケージに印刷されている写真と違って、実際の中身は「カニのほぐし身」が「ご飯」を覆い尽くしていなかった(笑。 いや、「カニの身の総量/総重量」はきっと等しいに違いないと解釈させていただくが)。   
   
 コメは北海道のものだと原材料表示されている。そのご飯の「粘り」「もちもち感」の具合は、関東育ちの者にとっては少しばかり強すぎるように感じられたのだが、しかし、弁当全体として「おいしい」、「よろしい、納得できる」というものではあった。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 つい先日のこと、酒を一緒した人たちと「昔、こんなテレビ・コマーシャルがあったよね」的な話題となり、「そう、よかったね!」というセリフがあったコマーシャルだの、レナウン娘の歌( 小 林 亜 星 さん作曲)だの、あれやこれやの話をした。   
   
 「リンゴをかじると歯茎から・・・」というコマーシャルも当然ながら話題にのぼり、そのとき思いついたダジャレは「論語をかじると(聞きかじると)、歌舞伎から“知”が垣間見えませんか」というものであった。歌舞伎(の演目・ストーリー)というと、そこに「日本人的な情・感性」を見出す論が出て来がちではあるまいかと思うのだが、その「情・感性」を際立たせるのは、背景的に規範として存在する「何か」があるからこそと思わぬではない。その規範と論語との関連について、機会あれば書いてみたいように思う・・・例によって、いつのことになるやら、だが。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 下の写真は2つともスコッチのウィスキー。   
 左のはブレンデッド、右のはシングル・モルト。右のものについては過去に書いたことがあるかと思うし、また、とても有名な銘柄なので、今回は左のものについてちょっとだけ・・・。   
   
 英国のスカイ島にはタリスカーという蒸留所があって、その蒸留所のシングル・モルトは有名である。そのタリスカーの若いモルトを使用しているらしきブレンデッド・ウィスキーが画像左のものなのである。   
   
 塩気と、甘さそのほかの風味要素が良いあんばいに「こなれている」ように感じられる。時期をまたいで複数本を飲んだが、ロットによって、(ストレートで飲んだ場合の)酸味っぽい要素の程度に違いがあるように思えた・・・柑橘っぽさとは違う酸味。この酸味が好きになれない場合、水をチェイサーとするのでなく、紅茶(砂糖を加えないストレートで、少し冷めたもの)をチェイサーとするとウィスキー側の味わいが丸くなだらかに感じられることもあるので試していただいてもよいのではないかと思う(そのように感じられる理由は、はて、舌の「味らい」のどこかが紅茶の成分でふさがれる/麻痺されるのか、分からないのだけれども)。   
   



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/385-2dbbcf4c

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。