2017-07

Latest Entries

雑記



   
 写真の背景になっているのは3日の日経新聞土曜版。   
   
 記事が目に入ったときに思い出したことがある・・・勤務地が某県事業所から東京へと変わった若手社員のことだ。それまでの実家暮らしから東京での一人暮らしへと改まったわけであるが、筆者は彼にこう告げた:   
   
 「流行に合わせて“弁当男子”になる必要はないと思う。朝食やランチでも、夕食でも、定食っぽいものをリーズナブルな値段で食べられる店があろう筈だ。自炊が経済的だとする説は、炊飯・保温、調理、洗い物に関わる電気・ガス・水道のコストも考慮に入れたうえで検証する必要がある。炊飯器や、あまりにも高価な電子レンジなどについては一種の減価償却資産・投下資本などであると見なしたうえでその投資回収はどのくらいで果たされるかを考えたってよい筈ではないのか?(←笑いながら言った) そしてまた、調理・食材購入・後片付けなどが自分にとって気分転換になるのか、それとも“うんざり”やストレス、疲労の原因になるのかは人それぞれであろうから、自分の気持ちや体力・体調に背いたパターンに陥らないように。また、若いうちとか、あるいは新しい仕事に携わるようになったときは、自分の時間も勉強に充てることが必要になる。食事づくりにエネルギーを割きすぎると、職業人生の面では不利なことにもなりうると思う。」   
   
 ま、筆者の世代と若い世代とでは、学校で受けた「技術・家庭科」の授業の内容も量も、また生活者・家庭人としての諸々の感覚も異なるが・・・。   
   
 ただ、この新聞記事も、無理のない範囲での弁当作りというものを誘う言葉でしめくくられている・・・頷けるところだ。   
   
   
 写真の、左の飲み物は「よなよなエール」というビール。わりと有名かと思う。相変わらず美味いなあ。   
   
 右のはサッポロの「ジンジャーハイボール」。うーん、ショウガの香りをキツイと感じるわけではないのだが、風味がシンプル過ぎるのかな、筆者の場合には飲みきるまでに「飽き」が来てしまった。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 スマホを買おうか迷っていたのだが、結局、少なくとも当面は見合わせることに決めた。   
 MNP転出とキャリアー変更に伴う出費、月次の出費実額、やがて終了する(一種の)優遇期間の満了時にどう対応するかとその際の出費、その後の出費見込みなどを試算してみたわけであるが、確かに、今、MNPでのスマホ・デビューは「お得感」があると思えた(わりと大きなキャッシュバックを受け取れる場合において)。   
 だが、しかし・・・これが一番大切なことなのだが、デスクワーク主体で、また移動時にもノートPCでのモバイル接続を苦には感じない者にとって、スマホ利用のメリットが想像しにくい。また、これも自分のケースに限ってのことだが、日々のアウトプットに役立つような使い方も思い描きにくい。   
 スマホが気になるその「気持ち」と同じようなものを、いつだったかにも心に感じていたよなー、と思った。そうだ、昔、HP社の「200LX」というポケコンを買い求めたときがそうだった。あのときは、「こんな利用の仕方をしよう」というアイデアが自分にはあった。しかし、スマホについては、そういうものが思い浮かんで来ないのだなあ。   
 各社のパンフレットをパラパラ見ていたら、ドコモにはF-03Dという機種があって「お嬢系スマートフォン」と謳っている。「可愛く盛れる“落書き盛りフォト”アプリ」を搭載しているというのだが、この場合の「盛る」というのはプリクラ・コーナーのポスターにもある「盛る」という、ああいう意味だろうと想像するが・・・いやあ、ユニークなアプリがいろいろあることは悪いことではないよなあ。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/382-6f15a690

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。