2017-06

Latest Entries

レオン・フライシャー/セルのCDセット商品


   
 フライシャーはセル/クリーヴランド管とともに何曲ものレコーディングを残したが、協奏曲録音のうちベートーヴェンおよびブラームスの全曲、ならびにモーツァルト/第25番を収録したセット商品が発売される:   
   
  http://www.hmv.co.jp/product/detail/4937046   
   
   
 「ふむ、要するにフライシャー/セルのコンビによる正規レコーディングのすべてだね」と思う人もいるかも知れないが、そうではない・・・。   
 上のほかにも残っている正規レコーディングがある・・・シューマンおよびグリーグのコンチェルト、フランク/「交響的変奏曲」、ラフマニノフ/「パガニーニの主題による狂詩曲」。これらはもちろんCD化されている。(これらについては、どうもその、「世間では忘れられがちなのでは?」と筆者は懸念しているため、念のために書き添えた。)   
   

コメント

コメントをありがとうございました

 お尋ねの、EMIのSACD盤を当方はまだ購入しておりません。参考になりそうなことを何も申し上げることが出来ず、申し訳ございません。   
 ドヴォルザーク/第8番やシューベルト/「グレイト」は、かつては最晩年のEMI録音を気に入っていたのですが、いま現在はむしろ旧録音(現ソニー・レーベル)に惹かれております。   
 (話が変わりますが、クレンペラーの、SACDでなくHQCDですが、ブランデンブルク協奏曲はわりと気に入りました。)

はじめまして

コメントをどうぞ
EMIからでましたSACDリマスター・シリーズに、セル晩年のドヴォルザーク8番があります。
従来のCDと比較して、どうもハイ上りのような気がします。悪い音ではないと思うのですが、いまひとつのような。
ご感想を頂ければ幸甚です。なお、同シリーズのクレンペラーは、音の透明度が増して、わたくしは満足しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/359-3479bfc5

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。