2017-09

Latest Entries

雑記



   
 甘栗(天津甘栗)というものは、アルミパックなどに入ったものをコンビニで目にしてもちっとも心は刺激されない。ああいう食べ物は、屋台っぽい店で、周囲に香りをプンプン撒き散らしながら、そして、例の紙袋に入れて売ってくれるのがよい・・・今の時代、そういう場には出くわさなくなってしまったが。   
   
 あの甘栗のよい香り・・・。   
   
 さて、上の写真のは、麦のほかに栗も用いて造られた焼酎。   
 初めてラベルを見たときは「りってんしょう」と読むのかなと思ったが、「くりてんしょう」なのだね。   
 「天孫降臨」という名前の焼酎があるが、上の焼酎は「天照大神(あまてらすおおみかみ)」にあやかっているのかどうか知らない。ラベルのイラストを見ていると、枝から落ちた栗が夜には月の光を受け、その反射した光がまるで夜空を照らすかのように錯覚させられるシーンを思い描いてしまうのだが、それで「栗天照」か・・・ま、筆者にとってはどうでもよいけど。   
   
 この焼酎をお湯割りにすると、まだホカホカしている甘栗と同じ香りが立ちのぼる・・・と、そんなことを期待しながら買い求め、そしてストレートで、また、お湯割りで飲んだのであるが、しかし、「あれ? 栗らしい香りは特にしないなあ」というのが筆者の感想であった。一応、2日間にわたって味わってみたのであるが。栗を、加熱し、あるいは焦がすことで生まれる香りを求めるのが間違いなのか。   
 ただ、飲みやすい。甘みも少しばかり強めかな。お湯で割ったときの舌の上での転がり方・延び方が他の焼酎よりも心地よいように感じられた・・・妙な表現だが、「酒の表面張力が、他とは違う」みたく思えた。   
   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/336-d5da9e81

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。