2017-10

Latest Entries

雑記



   
 ほんとうはもっと前に載せるつもりだったものだが、写真手前はリゲティの作品。   
 鑑賞者サイドからすると "Book I" よりも "Book II" の曲のほうが面白いかな。しかし、大いに気に入るというものでもなかったが。   
   
 ピアニストのイディル・ビレットがナクソスにレコーディングしたショパン作品のCDは持っている人が案外多いのではないかと思うのだけど、筆者は持っていない。ショパン作品は強く惹かれるわけでもないのであれもこれもと買い求める気にはなれない(ここではピアノ作品に限って言っているのであってチェロ・ソナタについてはまたちょっと違う感想もある)。しかし、もちろん嫌いとか飽きやすいとかいうことでもない。筆者の場合、結局、ペルルミュテールのと、ダルレのと、あと意外かも知れないがピヒト=アクセンフェルトが演奏した練習曲集の録音があればいい、なんて思っている。それ以外は要らぬのかと問われると、そんなわけないのはもちろんなのだけど。でも、たとえばリパッティのものやノヴァエスのものは、自分は今後はもう取り出して聴くことはないのではないかと、そんな気がする。   
   
   
   (以下、略)   
   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/27-2e9fcd9a

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。