2017-10

Latest Entries

雑記



   
 左のは「ビール」ではなく、カテゴリー的には「第三のビール」ということになるのかな。   
 何かこう、「芯」のようなものを欠いた飲み心地と感じたけれども、風味・軽さ加減に魅力あり。初夏の頃に、そして350ミリとか500ミリとかの量を飲むには好適であるような・・・。このさき真夏になって「何杯もグイグイと」というのにはあまり向かないかなあ、これはもちろん個人的な感想だが。   
   
 右のは、あまりにも有名な銘柄の、スタンダードなランクの商品。   
 久しぶりに飲んでみると昔の印象とは違っていて、いまの自分の好みによく合う。   
 蜜っぽい甘味が目立つが、その奥にある幾つもの風味要素を追いながら楽しむと、和食のつまみの邪魔をしないように思える(なお、筆者はストレートやロックで飲むのを基本としている)。   
   
 下のは甘エビ(新潟県産)。刺身のほか、明太子と和えてもらったり、また、頭を焼いてもらったりして食した・・・旬ではないが美味であった。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/264-fab65c5d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。