2017-07

Latest Entries

「勝手にシン○○ッド」? (その2)



   
 PCを買ったとき筆者が早めに処置しておくことのひとつは、当面は利用しそうにないインターフェース・端子などにホコリが付いたり侵入したりしないようにシール紙などで覆ってしまうこと。あとできれいに剥がせるような材質の、そしてマッチする色合いのシールやステッカーを形よく切り、端子そのもの(金色だったりする)に糊(糊面)が接してしまわぬよう注意しつつ貼り付ける。   
   
 上の写真は、底面のバッテリーパック固定ラッチが何かに当たって動いたりしないようにするためにシールを貼ったところ・・・普通ここまでする必要は無いだろうけど。こういう個所はシールが何色だって構うまい。   
   
 大きなサイズのシールを貼ることはあまりないと思うが、そんな場合でも放熱用の穴・スリットなどにはシールがかからないよう注意することは必要と思う。   
   


コメント

コメントをありがとうございました

 周囲のユーザーのものを触らせてもらったり、意見を聞いたりした結果、たとえばキーボードのタッチ感そのほかについて「昔のほうが良かったかな」と思う点もありはしましたが、昨年12月に入ったあたりからWEB直販が随分と値引されるようになったので、それにつられて買ってしまいました。   
 赤いトラックポイントは視覚的にも魅力があります(笑)

おお、赤いトラックポイントが

黒犬の鼻の頭のようで、今も健在のようですね。当方のノート遍歴は、ThinkPad220の後は一気にTransmetaのCrusoeマシンに飛び、今のLinuxネットブックに行き着いてしまいますので、赤いトラックポイントをぐりぐり、というのが今も願望だったりします(^o^)/
少なくとも、感度がよすぎて入力場所がいきなり他の場所に飛んでしまうタッチパッドよりも実用的かもしれないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/235-343a892b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。