2017-08

Latest Entries

雑記



   
 ビール、発泡酒などの飲み比べにまだ飽きていない模様・・・。   
   
 上の写真の、一番左のはお馴染みなので何も説明しないが、例えばこういうもののあとに飲んでも気持ちが白けてしまわないほどの発泡酒・第三のビールを探すことは果たして容易なのだろうか。多少とも重厚感・奥行き感ありそうなものを探せば良さそうに思えて、しかし、「舌に、あるいは口中の頬の内側のあたりに嫌な味が残るな」と感じてしまうものではそもそもどうもよろしくない。いっそのこと逆に、軽くアッサリしたものを選ぶとどんな塩梅になるだろうか・・・味覚の問題は個人差が大きいけれども、もしかすると最適解かも知れぬと思えたのは真ん中の "EUROHOPS" という銘柄のもので、これはベルギーから輸入されている。心地良く、きれいなアッサリ感。値段が安いので6本買ってしまったため、別の日、今度はあらかじめビールを飲んだりせずにこれから飲み始めてもみたが、やはり、なかなかに良いと思えた。   
  
 一番右のは、どんな味だったか忘れてしまった。「これはいい、また飲んでみよう」とまでは思わなかった。   
   
 それにしてもキリンは、カタカナやローマ字に限らず漢字で「麒麟」と示しても、飲料品を目にした人が「ああ、キリンのだね」とピンと来る・・・それに対してサントリーは漢字での表現が難しいし、アサヒが「朝日」という表記を持ち出しても消費者は「えっ、どこのメーカー?」と思うだろうし、これはサッポロが「札幌」と示す場合もまた・・・。(なお、他社商標・商号との関係からして利用可能な表記かどうか、中国などで用いている商標を日本に於いても採用した場合はどうなるか等のことは、ここでは考慮せずに書いている。)   
   
 「冬麒麟」ねえ。「麒麟」と漢字表記すると「春夏秋冬」のどれとも組み合わせそうでもあるが、「夏麒麟」はちょっと暑苦しいイメージになってしまうか。しかし、ネーミングの自由度・可能性は無限にありそうにも思える。「万緑 麒麟」とか、消費者に「おっ」と思わせるネーミングのものを幾つかでも出して欲しい気も・・・。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/204-720a5b3a

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。