2017-10

Latest Entries

雑記

   
 宿泊を伴う出張のときはもちろんのこと、そうでなくても酒を飲んだついでに夕食も外で済ませてしまうことは少なくない。その帰路、「うむ、缶ビールなど買って、家でもうちょっと飲もう」と思い立てばコンビニに寄ることもある。そのとき「おにぎり」などを目にすると、さきほどまでの夕食は「しっかりとした夕食」と呼ぶには足りないような気がしてきて、夜も遅ければなおのこと「うちで改めて何か探したり作ってもらうのもあれなので、ビールと一緒におにぎりも買ってしまおう。おっ、この砂肝(のパック)もついでに」ということにもなったりする。若い頃からずっと、寝る間際の飲食で太ったり腹が出たりということが無いのを幸い、何でも躊躇なく飲み食いしてしまうのだ。   
   
 コンビニの「おにぎり」は概して無難な出来かと思え、不満はあまり感じない。また、弁当のスタイルのものについては、一見してこちらの好みにマッチしないものばかりなので手を出さない。パスタ、ラーメン、蕎麦、うどん等々にも手を出さない。パン類もちょっとなあ。レジ・カウンター近辺のフライドチキン、おでんも、こういうものはコンビニで買うものではなかろうとの先入観があるからやはり買わない。  
 つい最近までそんな状況だったが、先日はコンビニで「ざる蕎麦」を買うことがあった。そうなった経緯はと言うと・・・。   
   
 或る日のこと、昼休みになっても机に向かっていると、若いA君がコンビニで「ざる蕎麦」を買って帰って来た。あの、平べったい四角いプラスチック容器(蓋つきトレー)で売られているもの。かねてよりコンビニのああいう蕎麦には期待していなかったが、A君に「美味いの?」と尋ねると、「まあまあです、(但しそれは)刻み海苔をかけて食べた場合にですよ。蕎麦の味をそのまま楽しもうとか、そういうことを考えたってそれは・・・」との返事であった。   
   
 そうか、そのうちには一度トライしてみようかと思った。その機会はすぐにやって来て、或る晩に飲んだ帰り、コンビニの蕎麦を買い求めた・・・3つ4つ並んでいるもののうち賞味期限が一番向こうのもの(一番最近に調理されたもの)を選んだ。   
 300円ほどというその値段に不安を感じはした。しかし、蕎麦というもの、そのクオリティや本来の風味をうんぬんするのではなくもっと気楽な見方をして「食べもの」としてイケるかどうか、悪くないかどうかを判じようとする場合、値段や蕎麦粉含有率などが決定的意味合いを持つとは言えなそうに思う。また、筆者は食べないのだけれども、今日の駅蕎麦や立ち食い蕎麦はなかなかイケると評する人も多いようだし。以前、某・合同庁舎の職員食堂に於いて、ご飯ものの定食やカレーなどと並んでメニューにあった蕎麦は、「とても」と言ってよいくらいに美味かったことがある。  
   
 話を戻して、コンビニで買った蕎麦のこと・・・。   
 外側のプラスチック容器、それにプラスチック製の蕎麦ちょこに文句をつけても始まらないからその件はおいておくとして、ふむ、容器の縁に近いところの蕎麦はやはり乾燥が進みやすいのだなと思ったがこの件もおいておき、実際に食してみての感想は・・・。   
 「クイズです。これは蕎麦でしょうか、うどんでしょうか?」と問われたら、間違いなく蕎麦である・・・しかし、ただそれだけだなという、そんな風味と食感であった。ワサビ、焼き海苔を使っても、とうてい頷ける/納得できるようなシロモノではなかった。「とろろ蕎麦」に仕立て上げたならばどうだろう、温かくして食べるものにした場合はどうだろう、などと空想してみたりもしたが、さあどんなものか。ともかく、今回のこれは二度と買うもんかと思った。   
   
 コンビニにおいて、蕎麦という商品の提供には「ご飯もの」とはまた違った扱いにくさがあろうけど、コンビニが蕎麦に関して考える妥協ラインみたいなものに疑いすら持ってしまった。もちろん、これは筆者の味覚に基づいた、あくまで個人的な感想に過ぎないけど。   
 翌日、A君に感想を伝えた。どこのコンビニで買ったのかと訊かれたからそれを答えると、彼が言うには「あそこのは不味いんですよ。自分が買うのは○○や○○(などのコンビニ)のです」とのこと。   
 コンビニ・チェーンそれぞれで、あるいはまた、同一チェーンの加盟店であっても地域や都道府県それぞれで、調理済み蕎麦の納入業者はまちまちだろうと想像する・・・だとすれば、筆者が口にしたものは、そしてA君も気に入らないというそれは、「或るコンビニ・チェーンの、或る地域の加盟店に配送されるべく、或る納入業者によって調理された蕎麦」に過ぎない。だから、今回の経験を以ってコンビニの蕎麦は一般にダメとか、どこそこのコンビニ・チェーンの蕎麦はダメとか、そう言い切ることは適当でないだろう。   
 或るコンビニ・チェーンが、全国津々浦々の加盟店すべてに同等の、いや一定レベル以上の調理済み蕎麦を配送手配することはとても困難なことであるかも知れない・・・だけど、そのコンビニの看板のもと、消費者から金を受け取って商品提供する以上は、やはり乗り越えて欲しい課題だなあ。蕎麦そのものの性質からした難しさ、また、いまのご時勢で「値段を上げても、もっと良いものを」という方針は採りにくいなど、問題はいろいろあるだろうが。   
   
   
 下のは、某コンビニで買った「大奥 おむすび詰め合わせ」という商品・・・映画にちなんでいるそうで。どうしてわざわざこんな写真を撮ったんだろうか、酔っ払いのすることは理解できない(笑) 写真のフォルダの中を見ていて、自分で驚いた。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/203-fd49e5ac

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。