2017-08

Latest Entries

ズバリ! 菊 花 賞 と 有 馬 記 念 の レ ー ス を予想する(嘘タイトル)



   
 もし仮に上のような記事タイトル(↑)にしたりすると、今後しばらくのあいだアクセス数は激増するだろうなあ(笑)・・・記事タイトルは半角スペースを挟んだりしながら表記したので、検索エンジンを通じて 競 馬 ファンの方が初めてこのブログにやって来ることはないと思っているのだけど、そういう理解は正しいか。しかし、もしも上のタイトルにひかれてここにやって来てしまった 競 馬 ファンの人がおられましたら、あらかじめここにお詫び申し上げます。   
   

 ちなみに、筆者は 競 馬 をはじめとしてギャンブルはやらない。また、宝くじを買ったことはこれまでの人生で数回しかない。パチンコについては、昔、友人との待合せ場所にたまたまパチンコ店を指定されたことがあったときに興味半分でやってみた程度。   
 パチンコも上達すれば、日常飲むビールやら何やらくらい手堅く稼いで帰れるなどとも聞くが、ま、ギャンブルは好きでないし、性に合わない。   
   
 株式投資はギャンブルではないのかと問われれば、そういう面や要素を完全否定できるものではないが、しかし、基本的にはギャンブルでないものと理解している。   
   
   
 最近のパチンコは歴史テーマのものもあったりで、ついでにそういう方面への好奇心も沸いて来るなどという感想も耳にする。で、思うには、歴史・史実を離れても、たとえば「ニーベルンクの指環」関係のストーリーやキャラクターなどを取り入れたパチンコというものだって実現できそうだが、そういうアイデアはどんなものだろうか。   
 ワーグナー・ファンの一部を新たに集客できるかも知れないし、彼らは概して趣味に多額の金を投じることに慣れっ子になっていそうだから(笑)、うむ、いい客になってくれるかも知れない。   
 また、これまで「指環」に馴染みのなかったパチンコ・ファンの間でも、「ブリュンヒルデって娘、いいなあ、もっと詳しく知りたい」とか、「鳴り響くワーグナーのこの音楽、なかなかのものではないか」などと、何パーセントかの人が新たに「指環」やワーグナーに興味を持つに至るやも知れぬ・・・それが市場規模の小さなクラシック音楽業界の救世主になってくれるとまでは筆者も期待はせぬが。   
 カラオケ・ナンバーに「ヴァルキューレ」中の「冬の嵐は過ぎ去って」だの何だのが加わるのは愉快だとしても、しっかりとデュエットで歌われた日には少なからず鬱陶しいか。  
   
   
 さて、冒頭に掲げた写真は何かというと、「ブラントン」という銘柄のバーボン・ウィスキーのキャップ。   
   
 「バーボンは骨太な男の酒、ブラントンもまた然り」と言う人もいるけれども、だが、ブラントンに感じられる甘み、まろやかさ等々は、男女を問わずにというか万人ウケするものと筆者は思っている。甘露なるバーボン。   
   
 「あ、このウィスキーは家にもある」と思った人は、それのキャップの人や馬の姿勢と写真のものとを見比べていただきたい・・・キャップの形は8種類あるそうで、それらをすべてコレクションしようとする人もいる。   
   




コメント

コメントをありがとうございました

 わたくしにはパチンコでのビギナーズ・ラックはありませんでした(笑)   
   
  以前のこと、或る居酒屋さんで・・・パチンコの戦利品を手にして来店することの多い常連さんと顔見知りになりましたが、わたくしが「それ、またパチンコでですか?」と言いながら親指でレバーをはじく仕草をしたら、呆れられましたね。しかし、レトロなパチンコ台でならちょっと遊んでみたい気もします。

私もギャンブルはまったくしません。しかし競馬を一度、パチンコを一度のみしたことがあります。その戦果は競馬が1000円で買った馬券が15000円に、パチンコは1000円投入したのが5000円になっております。ビギナーズ・ラック極まれり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/201-cc33868e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。