2017-03

Latest Entries

待てばカイロの日和あり。土曜の牛。



   
 或る日、まだ夕闇迫るというほどではなかったときの、月。   
   
 歌劇「ダイドー(ディドー)とエネアス」にちなんで、ダイドードリンコの自販機とENEOSのスタンドを一緒に写し入れられぬものかと、つまらぬことを考えていたときにふと目に入った雲と月。   
   
   
   
 「待てばカイロの日和(ひより)あり」・・・ことわざ。   
 その意味は: 春先などに「朝晩はまだまだ寒い。早くもっと暖かくならないかなあ」と思っても、なーに、やがてはちゃんと初夏も迎え、そして真夏ともなればもう、エジプトにも負けないんじゃなかろうかと思えてしまうほど暑くなる日がやって来るのさ。   
   
 「土曜の牛(うし)」・・・比喩。   
 その意味は:   
 1)土日が休みとなっている、主としてサラリーマンの場合、2日連続休日の1日目である土曜日は朝遅く起きだして昼間もゴロゴロしていて外出もせずというパターンが見られがち。そのゴロゴロしている様子を「牛」になぞらえている。   
 2)土日が休みとなっている、主としてサラリーマンの世帯において、「すき焼き・ステーキなどで牛肉を食べるのは、家族そろって食事をゆっくり楽しめる土曜の晩などがいいね」という、そういう考え方。「どようのぎゅう」とも言う。   
   
   
 デタラメはこのくらいにして・・・。   
   
   
 「夏の惣菜」などと、季節限定してしまうような紹介の仕方は間違いなのかどうか分からないが・・・。   
 山形県の郷土食には(しかし今や全国的にわりと知られていようが)「だし」と呼ばれるものがある。和風の、浅漬けめいてもいる、刻み野菜のサラダというか何と言い表すべきか。   
   
 そのレシピや活用例は、例えば次のようなサイト/ページで「山形 だし」の2語で検索すると見つかる:   
   
   
  http://cookpad.com/   
   
   
  http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/   
   
   
 下の写真は某大手スーパーで売られているもの。「出来上がりはこんな具合」と、百聞は一見にしかずで参考とするのに好適な商品とも言えるか。   
 この商品も美味いけれども、しかし、筆者が以前に食べて「これはおいしい」と感じたものに比べるとキュウリとネギの風味・食感が少しばかり勝ちすぎているかなあ。ナス、ミョウガをもうちょっと感じ取りたい。ちなみに原材料表示を見るとキュウリがまっ先に書かれていて2番目にナス。もちろん、メーカーも家庭もそれぞれが「良し」と考えるレシピがあるのだから、それをどうこうケチつけるのは間違いなわけで。   
 ミョウガ好きで、夏だろうが、それ以外の季節に遠くの高知県から運ばれてくるものだろうが、しょっちゅうミョウガを食べている筆者がその風味に鈍感になっているのかも知れないし。   
 「だし」の水気をちょっと絞って、そこに梅風味アクセントを加えたりしてもこれまたおいしいものになるかも知れない・・・そういう場合、この既製品のレシピは案外と良いのかも知れないなあ、などと思ったりしないではない。   
   


コメント

コメントをありがとうございました

 コメントおよびトラックバック、ありがとうございました。
   
 「だし」・・・ビールや冷酒(日本酒)の友になりますね。先日は豆腐にのせ、つつきながらビールや焼酎を楽しみました。
   
 セル没後40年ですが、「40」というのは日本流でも欧米流でも商品企画するにはいまひとつキリが良くないかも知れませんね。   
 しかし、間もなく祥月命日です。これに際し、ソニーさんからでも、あるいは他社からでも、ファンをうならせるようなリリース発表などあればと、ついつい願ってしまいます。

おやおや

くしくも同じ山形の「だし」の話題でした。夏野菜の和風刻みサラダといったところでしょうか。我が家では夏の定番ですが、某番組の影響か、もう全国区のようですね。
今年はジョージ・セルの没後40年ですが、ソニーさんは格別な動きはなさそうですね。そもそもCDという媒体が曲がり角なのでしょうが。ウォルトンなど、正規盤でまだ未収集のものが残っているだけに、ちょいと残念です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/192-65f37516

夏の味覚、山形の「だし」の作り方と山響の番組のことなど

あまりの暑さで食欲も減退ぎみなのに、菜園の野菜だけはどんどん育つ。そんな皮肉な状況を一挙に解決する秘策を、いったいどなたが考え出したものでしょうか、山形の「だし」。 「だし」といっても、いわゆる汁物の下味のことではありません。要するに「野菜のみ...

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。