2017-09

Latest Entries

雑記



   
 これは「クレーム・ド・カシス」、すなわちカシスのリキュール。   
 カシスのリキュールは幾つもの会社から発売されており、本当は写真のものとは別の某ブランドのものを買おうとしていたのだが、先日寄った店にあったのはこれだけだった。   
   
 ブランドごとそれぞれの、風味・仕立て上がり感の違いは案外と大きいか。ただ、どれが良くてどれが悪いなどと言いきることが適当かどうか・・・味わう側の好みの問題もあろうし。   
 いずれにせよ、筆者はこのテのものは夏の頃にわりとガサツに飲む程度なので、さほどのこだわりは無い。そして、シンプルにソーダ水で割るだけで味わうのが気に入っている(氷も加えて冷たくして)。   
 この楽しみ方ではもちろん「濃さは人それぞれの好みに応じて」ということになるけれども、しかし、もしかすると、ソーダ水で割っただけではそれがいくら濃い目であっても「味が単純かなあ。何か他のフルーツとミックスするなどして味に膨らみ/複雑さ/層が欲しい」という感想を抱く人がいるかも知れない。そう感じる人はカシスのリキュールを使ったカクテルのあれこれをネットや本で研究していただくとして・・・。あるいは、バーなどにおいて「カシスのリキュールを用いたカクテルで“これぞ!”というものを」とオーダーして体験するのも良いだろうし。   
 出来合いの、というか、缶入りのカクテル飲料が売られているが、サントリーの 「 COCKTAIL カロリ。」やアサヒの「 COCKTAIL PARTNER 」などのシリーズ中にはカシスとオレンジ、あるいはカシスとストロベリー等をミックスした風味のものがある。こういうものもまた、カシスのリキュールを使って自分で何か作ってみようという場合の「動機づけ」「ひとつの参考例」として好適かも知れない。   
   
 カシスのリキュールは、きちんと栓をして冷蔵庫保管することが必要。そして、おそらくは、早めに使い切ってしまうのが賢明なのではあるまいか。飲む以外にもいろいろな洋風デザートに活用可能なほか、料理にも利用可能である。リキュールになったもの、あるいはリキュールにしていない状態のカシスを鹿肉や鴨肉の料理の際に利用することはよく知られているが、それ以外の肉料理にも合わないわけではない。それからこんなレシピも見つけた:   
   
  http://j-cassis.jp/cassis/cs03-r02.html   
   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/185-ff853c0e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。