2017-10

Latest Entries

何気に、オネーギン



   
 「何気ないふうを装って」あるいは「何気ない顔をしながら」という意味で「何気に」とか「何気で」という言葉が使われる・・・こういう使われ方を初めて耳にしてから30年くらい経つが、これはやはり言葉の誤用・乱用だろうか。とすれば、「趣味のブログであっても、分別あるべき中年オヤジがそんな言葉を使ってはいかん。若者などへの影響も考えろ。ネット上に乱れた日本語をバラまくな」と怒られてしまうか・・・ま、ふだんの筆者は「何気に」等の言葉を用いないことにしているが。   
   
 上のはデアゴスティーニから刊行されている「隔週刊 DVDオペラ・コレクション」の第15号。   
 このシリーズは初めて買った。まだ観ていない。感想はいずれ。   
   
 これの次の号は「コジ・ファン・トゥッテ」で3月30日発売(本日):   
   
   http://deagostini.jp/doc/backnumber.php?id=8855&issue=16   
   
   
 しかし、筆者はこれを買う予定にはない。同作品はミラノ・スカラ座のDVDセット中のムーティ指揮のものを持っているし鑑賞もしたので「それで、まあいいか」と感じている。   
 そのDVDセットには例えば下の写真のような作品が含まれているが、詳しくはこちら:   
   
   http://www.hmv.co.jp/product/detail/1346315   
   
   
 収録作品の全部が全部、作品内容的にも、あるいは上演の出来の面からも、誰もが気に入って満足するかどうかなんて分からない、何とも言えない。しかし、仮に5作品くらいに満足を感じるならば、価格水準的にはデアゴスティーニのシリーズの5冊分と同等の「お手頃価格」感があると言えるのではないか(HMVのマルチバイ適用時。しかし、他店でもほぼ同じ価格で販売しているところはある)。   
 ただ、解説書は英語、また、日本語字幕が無いので、そのへんは承知のうえで・・・。   
   
   
 話が行きつ戻りつしてしまうが、デアゴスティーニのほうの4月13日発売ぶんは「タンホイザー」:   
   
   http://deagostini.jp/doc/backnumber.php?id=10410&issue=17   
   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/172-607895b7

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。