FC2ブログ

2018-11

Latest Entries

「納戸型フラッシュメモリー」、「鶴は専念、甕(かめ)は万年」、「事実は小説よりも“生成り”」、「じん帯パップ、毀傷せざるは・・・」


   
 ちょっと忙しくなってしまった。   
   
   
 ・・・・・・・・・   
   
   
 「タトゥー」に対する感覚って、日本と海外とで大きく異なることは承知しているが、こういう理由からタトゥーをいれる人たちもいるのだなあ:   
   
  https://www.businessinsider.jp/post-174830   
   
   
 「人間広告塔になってしまうみたいでイヤじゃないのか?」と、そんな疑問もまた筆者には湧くのだが。   
   
   
 そしてまた「身体髮膚、受之父母。不敢毀傷、孝之始也。」という言葉も思い浮かんだりするけれども、しかし、「タトゥーはそういう問題ではないだろ。それより、ピアスの穴あけのほうがよほど問題だ」との意見もまた世にはあるだろうか・・・。   
   
   
 ・・・・・・・・・   
   
   
 雑誌「サライ」の最新号では、付録としてまたも万年筆が・・・。   
 この雑誌を、毎号は買わなくなってしまって久しい。今回の万年筆は、現物は見ていないが、写真で見る限りは色調(よろしき赤・朱色?)・デザインが面白くもあり、ちょっと興味をそそられる(なお、インクカートリッジはヨーロッパ規格のタイプ)・・・でも、筆者は今回号も買わないだろうけど。   
   
   
 雑誌「文芸春秋」(週刊誌でなく月刊誌。正しくは「芸」の字は旧字)の最新号には桑田佳祐(サザン)関係の記事が掲載されている・・・目を通したい音楽ファンも少なくなかろう。   
   
 筆者は、この人やサザンの関係のCDその他は、ろくに持っていないのだけど・・・(下のは過去の画像の再利用ゆえ、無関係のものも一緒に写っている)。   
   



   
 ・・・・・・・・・・・・・・   
   



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/1235-d2da16b7

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。