2017-06

Latest Entries

とりあえず更新

   
 ラヴェルのピアノ曲について「やはりペルルミュテールの演奏したものは聴いておかなくちゃ」と言われるように、また、ベートーヴェンの「第九」について「フルトヴェングラーがバイロイトで振ったものを一度は聴いておかなくてはクラシック音楽の鑑賞キャリアに重大な欠落を生むであろう」と言われてきたように、この何年か、いやもっと長いけど、ベートーヴェンの交響曲第3番の名演について定説めいたものが築かれて来た。つまり「英雄」交響曲の演奏は、次の4人の指揮者たちが到達した境地こそ最高に素晴らしいのだと・・・。   
   
   
 1. カラヤン   
   
 2. ドラティ   
   
 3. ドゥダメル   
   
 4. インバル   
   
   
   
 賛否はいろいろあるかも知れないね。   
 レコーディングされておらず、実演に接する機会がないと「なるほど」と頷くわけにもいくまいというのもあるかな。   
   
 上の説はクラヲタには大いに気になるところであるが、しかし・・・。   
   
 以上4人のイニシャルをとって、次のように言われる:   
   
   
   
 「英雄」 by KDDI   
   
   
 ・・・以上、もちろん単なるダジャレ話である。   
   
   

コメント

コメントをありがとうございました

 「どこもかしこもドコ○だね」というダジャレCMが登場しそうで登場しなかった会社をグループ内に擁する某社の決算が発表されたばかりですが、それはさておき、ソフトバンクが自らを「SB」と略してくれていたなら、わたくしはこれをセルとバルビローリに掛けて何か書いたかも知れません。マラソンでは、胸にくっきりと「S」と「B」の文字を掲げてトップでゴールインする選手がいましたが・・・。  
   

いやいや、

ノリントンとティルソン・トーマスを忘れてまっせ。
「英雄」by NTT
なんちゃって(^o^)/

だって、「クラシカルな某」さんが、セルのエロイカを候補の一つにも挙げないなんて、考えられないですもの(^o^)/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/123-b5839600

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。